動画無料視聴の情報まとめ|hitstones.com


このページでは主なVODサービスを調査し、ドラゴンボール超/スーパー無料で視聴することができるVODサービスをご紹介しています。


FODプレミアム

ドラゴンボール超/スーパーの配信:◎
無料視聴:可

  • 無料期間:1ヶ月(※)
  • 無料期間終了後:月額888円

※Amazonアカウントで登録すれば1ヶ月無料!

FODプレミアム無料登録へ



ビデオマーケット

ドラゴンボール超/スーパーの配信:◎
無料視聴:可

  • 無料期間:登録月
  • 無料期間終了後:月額500円 or 980円
    ※500円のコースは毎月540P付与

    ※980円のコースは毎月540P付与に加えて見放題作品が視聴可能!

Video Market無料登録へ


U-NEXT

ドラゴンボール超/スーパーの配信:◎
無料視聴:可

  • 無料期間:31日間
  • 無料期間終了後:月額1,990円
    ※U-NEXTは見放題のタイトルが多数!作品によってはポイントが必要なものもありますが、登録時にもらえるポイントを利用して実質無料視聴可能です。

ユーネクスト無料登録へ


Hulu

ドラゴンボール超/スーパーの配信:×
無料視聴:−

  • 無料期間:2週間
  • 無料期間終了後:月額933円

フールー無料登録へ


DMM見放題chライト

ドラゴンボール超/スーパーの配信:×
無料視聴:−

  • 無料期間:2週間
  • 無料期間終了後:月額540円
  • 成人向け作品が豊富!

DMM見放題CHライト無料登録へ


dTV

ドラゴンボール超/スーパーの配信:◎
無料視聴:不可

  • 無料期間:31日間
  • 無料期間終了後:月額500円

dTV無料登録へ

 


ビデオパス

ドラゴンボール超/スーパーの配信:◎
無料視聴:不可

  • 無料期間:30日間
  • 無料期間終了後:月額562円

※au IDをお持ちの方限定のサービスです

auビデオパス無料登録へ

 


TSUTAYA DISCAS

ドラゴンボール超/スーパーの配信:◎
無料視聴:可

  • 無料期間:30日間
  • 無料期間終了後:月額933円 or 2,417円
    ※動画配信サービス及び宅配レンタルの利用ができます!

ツタヤディスカス無料登録へ

 

※当サイトの動画配信に関する情報は2018年7月時点のものです。最新の情報は各動画配信サービスの公式ページにて確認できます。

 

 

 

ドラゴンボール超/スーパー ユーチューブより予告編など無料動画

 

ドラゴンボール超/スーパー 感想・レビュー・ネタバレ

 

ドラゴンボール超/スーパー あらすじ・ネタバレ

ドラゴンボールの力によって“魔人ブウ”の記憶が人々から消え去り、さらに月日が流れた地球。悟空は、チチの言いつけで働くことになって農業をしつつもさぼりながら修業の毎日。そして結婚したての悟飯とビーデルは幸せな日々を過ごしていた。一方、宇宙の彼方では39年ぶりに目覚めた破壊神ビルスが、予知夢で見た自分のライバルになり得るであろう何者かの名前を思い出すべく奮闘していた。果たしてその者の名前は!?

Wikipedia

ドラゴンボール超/スーパー 出演者・キャスト

声の出演:野沢雅子、古川登志夫、田中真弓、青野武、鶴ひろみ

 

 

ドラゴンボール超/スーパー 評価・評判・レビュー等

作品解説 2015年4月28日に行なわれた『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の舞台挨拶にて、本テレビシリーズの製作が発表された[2]。『ドラゴンボールZ』(以下『Z』)のデジタルリマスター版『ドラゴンボール改』(以下『改』)の放送枠にて放送。 前作『改』はオープニング・エンディング曲のパートおよびサブタイトルを除き『Z』で使用されていたフィルム映像のデジタル修復版だった。そのため、『ドラゴンボール』のテレビシリーズが全編デジタルで製作されるのは本作が初となり[注 1]、完全新作のテレビシリーズとしては『ドラゴンボールGT』(以下『GT』)以来18年ぶりの作品となる[1]。 原作者の鳥山明は、劇場版アニメ作品『神と神』と『復活の「F」』にて、初めてアニメシリーズのストーリーの制作を行ったが、テレビシリーズのストーリー原案を務めるのは、本シリーズが初めてとなる[1][ドラゴンボール超 映画 ドラゴンボール超 ネタバレ ドラゴンボール 超 最新 話 ドラゴンボール超 宇宙サバイバル ドラゴンボール超 漫画 3][注 2]。 本作の物語は、原作者の鳥山明によると「魔人ブウ編の完全なる続き[4]」に当たり、原作(および『Z』『改』)の最終決戦にて、孫悟空が魔人ブウとの闘いに決着を付け、平和を取り戻した後の物語を新たに描く[1]。原作の「魔人ブウ編」終結〜エピローグとなる10年後までの間の時期(原作の第517話と第518話、『Z』の第288話と第289話、『改』の第157話と第158話の間)に位置する。物語は孫悟飯とビーデルが結婚した頃から始まる。 鳥山が自らストーリー原案を行うその内容は以下の通り。「ドラゴンボール30周年記念 公式ポータルサイト」では、『神と神』と『復活の「F」』の物語を一括して「宇宙の神々編」と紹介している。 劇場版アニメ2作品『神と神』と『復活の「F」』を原作に用いて、各1クール分ほどのテレビシリーズアニメとして再構成・再制作した「破壊神ビルス編[注 3]」と「フリーザ復活編[注 4]」。 本作のキーアイテムでもある「超(スーパー)ドラゴンボール」を賭けて、第6宇宙の破壊神選抜との格闘試合を描く「破壊神シャンパ編[注 5]」。 未来のトランクスの世界に現れた新たなる脅威・ゴクウブラックとザマスとの闘いを描く「“未来”トランクス編」[5]。 8つの宇宙の代表戦士たちが自身らの宇宙の存亡を賭けて闘う「力の大会」を描く「宇宙サバイバル編」。 また、上記の長編エピソードの合間には、ギャグ色の強い1話完結や前後編のエピソードが挿入される。第69話では、本作と同じく鳥山明原作の漫画『Dr.スランプ』の登場人物が出演しており、則巻アラレ、則巻千兵衛やガッちゃん、Dr.マシリトなどが登場した[注 6]。則巻アラレの声優や登場するキャラクターのデザインは『Dr.スランプ』のアニメ版第1作目である『Dr.スランプ アラレちゃん』に、則巻千兵衛とDr.マシリトの声優はオリジナルキャストの内海賢二と野沢那智が故人のためアニメ版第2作目ドラゴンボール超 速報 ドラゴンボール超 最終回 ドラゴンボール超 感想 ドラゴンボール超 フリーザ である『ドクタースランプ』に準拠している[注 7]。 鳥山明によるストーリー原案は、テキスト(文章)形式で制作スタッフに届けられる[6]。その全体のあらすじが書かれた鳥山のストーリー原案を、脚本家がテレビシリーズアニメ用に膨らましての付け足しや変更を行うことで、テレビシリーズ1話分ずつの内容にまとめる[5]といった工程で制作されている。「“未来”トランクス編」は、鳥山明が編集部の案から着想を得てストーリーを構築。そのストーリー原案を基にして、脚本家らがテレビシリーズアニメ用の脚本に仕上げている。テレビシリーズ用に完成した脚本は、シリーズ開始時点では鳥山自身もまだ確認しておらず「いっしょにドキドキしましょう(笑)!!」とコメントを寄せている[5]。 「宇宙サバイバル編」でもメインとなるストーリーやキャラクターは鳥山の原案が基になっており、アニメスタッフによりディティールアップが加えられている[7]。また「宇宙サバイバル編」以前から、初期の『ドラゴンボール超』よりも映像のクオリティを高めることが考えられており、2017年10月18日放送の1時間スペシャルはスタッフを投入しコストもかけ、計画的に作り上げられている[7]。最終話である131話はシリーズディレクターの中村亮太により3か月ほどかけて絵コンテが描き込まれた[8]。 『改』ではオープニングの前にアバンタイトルを置き、そこで前回のあらすじを紹介していたが、今作では以前のシリーズと同様にオープニングから始まり、CMを挟んだ後あらすじ→タイトルコールの流れに戻っている。 レギュラー放送では字幕放送を実施。孫悟空は黄色、孫悟飯は緑色、それ以外の人物は白色で表記される。第60話より副音声にて解説放送も開始した[注 8]。 劇伴は前述の劇場版2作品と『改』の「魔人ブウ編」に引き続き住友紀人が担当しており、『改』の劇伴も一部流用している。あらすじでは『Z』主題歌の「CHA-LA HEAD-CHA-LA」のインストゥルメンタルバージョンが使用されているが、“未来”トランクス編での前回のあらすじと次回予告のBGMはオリジナルのものを使用していた。第113話以降ドラゴンボール超 131 ドラゴンボール超 映画 ドラゴンボール アニメ はオープニングに入る前に『ティーザー的なダイジェスト場面』が挿入され悟空の声で見所を簡単に説明する場面が入るようになり、それに伴い次回予告も短縮された。 過去の回想シーンでは、『Z』および『改』の映像の流用と、新規作画・新録音声が混在している[注 9]。顕著な例として、未来のトランクスが師匠悟飯と今生の別れとなる回想シーンは、原作の外伝『TRUNKS THE STORY -たったひとりの戦士-』に準拠したものではなく、アニメ『Z』のTVスペシャル『絶望への反抗!!残された超戦士・悟飯とトランクス』での描写に準じ、なおかつ作画・音声ともに新規に制作されたものとなっている。2016年8月27日に『土曜プレミアム』枠にて放送された映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』“未来”トランクス特別編においても、本編前後に挿入される“未来”トランクスからの視点によるフリーザの歴代シーンは『Z』および『改』のフリーザ編での描写に準じていた。 テレビシリーズ放送開始に先駆けて、漫画版『ドラゴンボール超』が『Vジャンプ』2015年8月号より連載を開始。アニメ版と同時期に並行して製作されている。ストーリー原案はアニメ版と同じく鳥山明で、作画は同誌にてゲーム連動漫画『ドラゴンボールヒーローズ』や、映画『復活の「F」』のコミカライズを手がけていたとよたろうが担当[ドラゴンボール超 ネタバレ ドラゴンボール超 宇宙サバイバル ドラゴンボール超 速報 ドラゴンボール超 漫画 ドラゴンボール超 感想 9]。 詳細は「#漫画版」および「#漫画版との相違点」を参照 2018年12月14日には「宇宙サバイバル編」のその後を描く劇場版『ドラゴンボール超 ブロリー』が公開予定[10]。 ストーリー 破壊神ビルス編 詳細は「ドラゴンボールZ 神と神#ストーリー」を参照 フリーザ復活編 詳細は「ドラゴンボールZ 復活の「F」#ストーリー」を参照 破壊神シャンパ編 第7宇宙の破壊神ビルスが住む星で孫悟空とベジータがウイスの下で修行をしていると、ビルスの双子の兄弟にして第6宇宙の破壊神シャンパが彼のお目付け役にしてウイスの姉でもあるヴァドスと共に現れる。ビルスとシャンパは各々が管理する宇宙のグルメ対決を行うが、シャンパは悟空たちが住む地球の食べ物の美味しさに驚愕する。ヴァドスが調べると第6宇宙にも以前は地球があったが、内紛で滅びてしまっていた。 地球が欲しいシャンパは自身が集めていた7つ揃えれば文字通りどんな願いであろうと1つだけ叶えられる「超(スーパー)ドラゴンボール」の6つを賭けてビルスには第7宇宙の地球を賭けさせての各々の宇宙から戦士を5人選抜しての団体格闘試合の開催を提案、ビルスもそれに同意する。第7宇宙選抜は孫悟空とベジータ、学者業で出場できなくなった孫悟飯の代理でピッコロ、サタンの願いを叶えてあげたいブウ、第7宇宙最強とビルスが推す謎の人物モナカで決定。「名前のない星」で開催されるシャンパの第6ドラゴンボール超 最終回 ドラゴンボール超 131 ドラゴンボール 超 131 話 ドラゴンボール 超 動画 128 宇宙選抜5人の戦士との勝ち抜き形式の団体戦に臨む。 第6宇宙選抜はフリーザと同じ種族ながら慈善活動に取り組む英雄とされる拳闘士フロストや真面目なサイヤ人の少年戦士キャベなどで構成されていた。ブウの筆記試験落ちや正体は悪人であったフロストの反則行為がありつつも一進一退で試合は進んでいく。第6宇宙の大将を務める伝説の殺し屋であるヒットは「時とばし」なる能力を持ち、超サイヤ人ブルーのベジータすら容易く倒せるほどの実力者であった。悟空はこれまでの超サイヤ人では肉体への危険性から封印していた界王拳を超サイヤ人ブルー状態で使用して応戦するなど激闘を繰り広げ、ヒットと実力を認め合う。消耗した悟空は試合形式でない全力での再戦をヒットに約束させ勝ちを譲る。団体戦の結果は勝ちをくれた悟空への返礼にヒットが、正体はただの素人であったモナカにわざと負けたことで第7宇宙が勝利を収める。 その結果に納得がいかないシャンパは暴れ出しそうになるが、そこへ全12の宇宙の神々の頂点に立つ存在「全王」が現れる。勝手に大会を開いたことを注意に来た全王だったが、観戦するうちに面白さを感じ全12の宇宙からの選抜戦士を参加させての格闘大会の再開催を提案する。全王に恐れおののくビルスやシャンパに構わず、それを聞いた悟空は大喜びすると、その奔放さを全王に気に入られる。全王が帰った後、超ドラゴンボールの最後の1つは試合会場の「名前のない星」そのものであることが判明。ウイスが超神龍(スーパーシェンロン)を呼び出し、ビルスはある願いを叶えてもらう。その願いは「第6宇宙の地球の復活」であった。後にシャンパはビルスが恩を売っていたことをヴァドスから聞き、まんざらでもない様子で帰途に就いた。 “未来”トランクス編 かつて悟空らと共に人造人間やセルと闘った未来世界のトランクスが、タイムマシンに乗り負傷した姿で悟空らの世界に再び現れる。青年トランクスは平和になった未来に、悟空と瓜二つの姿をした「ゴクウブラック」と呼ばれる戦士が現れ虐殺行為を繰り返しており、抵抗軍のリーダーとなった未来のマイと共に闘い続けている[11]ことを告げる。悟空らは、ビルスとウイスや界王神らの協力を得つつブラックの正体に迫り、第10宇宙の界王神ゴワスの下で修行中である界王神見習いのザマスがブラックと何らかの関わりがあることを突き止める。 悟空とベジータはトランクスと共にタイムマシンで未来世界へ向かい、ゴクウブラックに闘いを挑むが、ブラックの同胞としてザマスが現れる。ブラックが超サイヤ人ブルーをも凌ぐ「超サイヤ人ロゼ」と化したことと、ザマスが不死身の肉体を得ていたことで、現代へ敗退する[11]。元凶がザマスであることを聞いたビルスは、神が神を滅すれば、時空を越えた未来であろうと影響を与えるはずと、ゴワスを殺害しようとしていた現代のザマスを取り押さえ破壊する。その後タイムマシンで未来が平和になったか確認に向かった悟空たちだったが、トランクスの未来世界では、ブラックもザマスも消えてはいなかった。戦闘となり応戦するも二度目の撤退を強いられる。 その過程で、ゴクウブラックの正体とザマスの不死身化の謎が判明する。ゴクウブラックの正体は、ビルスに破壊されずにゴワスの殺害を成功させた、異なる歴史を歩んだ「もう一つの現代世界」のザマスであった[11]。ビルスが現代のザマスを破壊しても、未来が救われるのは、あくまでその時間軸の世界だけでしかなく、歴史が分岐した並行世界には影響を与えなかった[11]。「もう一つの現代世界」では、ザマスはゴワス殺害に成功した後、時間を往来することができる神具「時の指輪」を奪い、超ドラゴンボールの力で悟空と肉体を入れ替え「ゴクウブラック」となってから、未来トランクスのドラゴンボール 動画 youtube ドラゴンボール超 最終回 ドラゴンボール超 漫画 世界へ渡った。そこでもゴワスを殺害し、未来のザマスを仲間にする。超ドラゴンボールの力で、未来のザマスに不死身の肉体を与えた後、自身らが叶えた願いを無効化されないようにと、未来の超ドラゴンボールを破壊していた。準備を整えたブラックと未来のザマスは、争うばかりで進歩しない人類を一掃した後に、新たな世界を築く「人間0計画」を完遂させようとしていた[11]。 悟空はザマスの不死身対策に亀仙人から魔封波を伝授され、ベジータは更なる修行を積んだ上で、闘いを続けるトランクスを救うため未来へ向かい、三度目の決戦を挑む。実力を上げたベジータや、トランクスが土壇場の見様見真似で放った魔封波を目の当たりにし、人類が持つ可能性に危険を感じ、ブラックとザマスはゴワス殺害時に奪った神具「ポタラ」を使って融合し、合体ザマスへと進化[11]し神として更なる権能を得る。合体ザマスの力の前に悟空たちは追い詰められる。対抗するために悟空とベジータは、見届けていた界王神からポタラを借りて自身らも合体しベジットとなることに最後の望みを託す。同時にゴワスは、神でない者同士のポタラでの融合は、約1時間しか効果がない事実を忠告する。超ベジットブルーと合体ザマスの闘いは互角だったが、ザマスはブラックと合体したことで不死身の効果が変調を来した影響もあり、徐々に押され始める。押し切ろうとベジットは猛攻を畳み掛けるが、その反動でポタラに宿る「合体を維持する力」が予想以上に早く消耗し尽くし時間切れとなり二人に分離してしまう。再び危機に貧した悟空らの前に、折れた剣の柄から気で刀身を形成したトランクスが割って入る。その光刃は、地球に生きる人々の願いと悟空らの力を集束していき、青色に光り輝く大剣となる。その大剣に思いを籠めてトランクスは合体ザマスを一刀両断にする[11]。 合体ザマスが消滅し安堵する悟空たちであったが、ザマスは自身の存在を霧状に変容させて全宇宙に拡散して未来世界そのものとなってしまい[11]、戦場にいた悟空たち以外の未来の住人らを全員消滅させ、果ては時空を越えた悟空らの現代世界にまでも侵食しようとする。抵抗する術がない悟空たちだったが、その時ふと悟空は道着の中にあった小さなボタンを思い出す。このボタンは以前、悟空を気に入った全王が友情の証として授け、押せば全王を召喚できるという代物であった。悟空はスイッチを押し未来世界の全王を召喚する。惨状を目の当たりにした全王は、万物を消し去る力を行使してザマスを未来世界ごと消滅させドラゴンボールz 動画 ドラゴンボール超 映画 ドラゴンボール超 ネタバレ ドラゴンボール 超 動画 122 話 ドラゴンボール超 動画123話 る。 一人残った未来の全王を悟空は現代世界に連れて帰り[11]、現代の全王と友達にさせる。未来のトランクスとマイは、自身らの世界がなくなってしまったが、ザマスらが虐殺を行う前の世界で生きること[11]をウイスから提案され、それを受け入れる。同時にウイスは、その新たな未来世界のザマスらは、悪事を働く前に未来のビルスが必ず討伐することも約束する。未来のトランクスとマイの出発の日。見送りに駆けつけた悟飯の姿に、志半ばで命を落とした未来の悟飯を重ね涙しながら、トランクスはマイと共にタイムマシンで新たな未来へと悟空たちに見守られながら旅立っていった。 宇宙サバイバル編 悟空は、全王が以前提案していた全宇宙の代表戦士たちによる武道大会をいつ開催するのかと催促に訪ねると、全王はそれに応えチーム対抗の武道大会「力の大会」の開催が決定する。だがその大会は、各宇宙から10名ずつの選抜戦士を闘いに参加させ、敗北した宇宙は即消滅という過酷なルールであった。それを聞いた悟空は宇宙の消滅はなしにしてもらうように頼もうとするも、全王の機嫌を損ねるとすぐさま宇宙を破壊しかねないと恐れたビルスたちに止められる。 力の大会の開催前に未来の全王が悟空たちの強さを知りたいという希望にそって、第7宇宙(悟空、悟飯、ブウ)と第9宇宙の代表戦士ベルガモら3名による全覧試合が行われた。そこで大神官から、宇宙の数が多すぎるため、全12の宇宙の内、各宇宙に住まう知的生命体の水準を示した「人間レベル」が芳しくない8つの宇宙で大会を執り行い、その中で一番強かった宇宙以外はすべて全王によって消滅させられるという大会の趣旨を聞かされる。するとベルガモの狡猾な扇動で、悟空の強者と闘いたいという好奇心がこの事態を招いたと悟空は神々らの批判に晒される。そこへ悟空を宇宙の敵と見なした第11宇宙の戦士トッポが、悟空を排除しようと特別試合を申し出る。互角の闘いを見せるも、続きは本戦でと大神官に止められ中断する。悟空はトッポから「灰色のジレン」なる第11宇宙の最強戦士の存在を聞かされ、更なる強者との戦いに心を弾まドラゴンボール改 動画 ドラゴンボール超 動画 ドラゴンボール超 映画 ドラゴンボール超 映画 ドラゴンボール超 ブロリー せる。 本戦開始までの間、悟空と悟飯は最強の第7宇宙代表チームを結成すべくスカウトに回り、10人の代表戦士(悟空、ベジータ、悟飯、ピッコロ、17号、18号、クリリン、天津飯、亀仙人、ブウ)が決定する。だが大会開始直前、ブウが修行疲れから深い眠りについてしまいメンバー不足の危機に陥る。そこで悟空は宿敵フリーザを占いババの力で一日だけ死者の状態で復活させ、10人目の戦士にすることを提案する。当初はベジータたちから反対されるが、第7宇宙が優勝するためにはこれしかないと説得し、悟空は地獄に出向きフリーザと再会する。話を聞いたフリーザは、協力の代価としてドラゴンボールで自身を完全復活させるという条件で参戦に同意した。 「力の大会」の開催時間が訪れ、悟空ら第7宇宙の代表戦士10名は、8つの宇宙の80名の戦士が入り乱れたバトルロイヤル戦に挑む。大会序盤、クリリン、天津飯、亀仙人が他の宇宙の戦士たちを複数人倒す活躍をみせるも奮戦空しく脱落するが、第7宇宙は順調に勝ち進む。大会の中盤では、第11宇宙最強の戦士ジレンが本格的に動き出す。ジレンの実力を前に悟空も全力を出し、超サイヤ人ブルー+20倍界王拳で対抗するも全く歯が立たない。最後の手段として悟空は、ベジータ以外のフリーザすら含めた第7宇宙の戦士8人から気を分けてもらい元気玉で対抗。しかし、その元気玉さえもジレンには通用しなかった。悟空はジレンに押し返された元気玉の爆発で消滅したかに思われた。しかし、他の戦士がジレンに戦いを挑もうと迫る中、武舞台全体が揺れ、悟空が再び姿を見せる。その姿は瞳が銀に輝き、白いオーラでその身を包んだ今まで見せたドラゴンボール超 ネタバレ ドラゴンボール超 漫画 ドラゴンボール超 最終回 ドラゴンボール超 主題歌 ことのない姿であった。再びジレンに挑む悟空はそれまでとは全く次元の異なる動きでジレンと互角に渡り合う。その姿を見たビルスは「身勝手の極意」と呟く。神々たちは騒然とするが、その偶発的な覚醒はすぐに解けてしまい、悟空は脱落こそしなかったもののジレンに敗北する。その隙をついて続けてヒットがジレンに挑むが、時とばしを進化させた技で追い詰めるも敗北。大会は後半戦に入り、悟空はフリーザからナメック星での借りを返すと気を分けられて戦線に復帰する。第7宇宙は、女サイヤ人のカリフラとケール、愛の戦士リブリアン、合体巨大戦士アニラーザといった数々の強敵たちを倒し、第6、第2、第4、第3宇宙をピッコロと18号を失いつつも打ち破る。 そして、武舞台の上には第7宇宙の戦士5名(悟空、ベジータ、悟飯、17号、フリーザ)と第11宇宙の三強(ジレン、トッポ、ディスポ)だけが残り、大会は最終局面を迎える。フリーザはディスポと、悟飯と17号はトッポと、悟空とベジータはジレンと戦いを始める。「超(スーパー)最高速モード」を発動したディスポに苦戦するフリーザだったが、救援に駆けつけた悟飯の捨て身の戦法でディスポを脱落させる。続けて17号と戦うトッポをフリーザは背後から猛攻して倒すかに思われた。だがトッポは破壊神候補としての力を解放し、17号とフリーザを圧倒する。ベジータが超サイヤ人ブルーを進化させて悟空と共にジレンと互角の戦いを繰り広げる中、トッポはベジータに挑みかかる。しかし、自らの正義を捨てて破壊の力に走ったトッポと、プライドを一切曲げないベジータでは覚悟が違った。ベジータは以前は命を落とした自爆技を放つも、その反動に耐えつつトッポを倒す。第7宇宙の実力を認めたジレンは本気の力を発揮して悟空たちを圧倒する。闘いの中、ジレンの過去と強さへの執着心の理由ドラゴンボール超 ジレン ドラゴンボール超 公開 ドラゴンボール超 悟空 ドラゴンボール超 2018 ドラゴンボール超 鳥山明 が明かされる。仲間との信頼は無価値だと否定するジレンの気弾を相殺しようと悟空たちを守るために17号は自らを犠牲にし、フリーザもそのジレンの攻撃に巻き込まれ行方不明となる。ベジータも自身の残りの気とプライドを悟空に託してジレンに敗れ脱落する。 全てを託された悟空だったが、ジレンの圧倒的な力に追い詰められこれまでかと思われたその時、とうとう悟空は神すら到達することが困難な「身勝手の極意」を極める。完全な「身勝手の極意」の圧倒的な力に追い詰められたジレンは、過去のトラウマを呼び起こし、すべての力を解放して再び悟空の前に立ちはだかる。戦いの最中、自身の信念が崩されそうになったジレンは錯乱し観客席を攻撃するも、悟空によって間一髪防がれる。仲間を傷付けようとしたことで激怒した悟空の猛攻により倒れたジレンは敗北を認め、戦いは決着したかに見えた。だがその直後「身勝手の極意」を使った反動で逆に悟空が倒れてしまう。不本意な決着ながら立ち上がったジレンは悟空を場外へと落下させる。その時、姿を眩ませていたフリーザに救われ悟空は辛くも脱落を逃れる。さらに命を落としたと思われていた17号も何とか生きていたことが判明。立ち上がれない悟空に代わり、17号とフリーザが消耗したジレンを追い詰めるが、トッポの叱責によって吹っ切れたジレンは最後の力を振り絞り立ち上がる。危機に陥る17号とフリーザだったが、限界を超えて立ち上がった悟空と共に最後の戦いに挑む。17号による援護射撃、そして悟空とフリーザの最初で最後の共闘によってジレンは悟空とフリーザもろとも場外へ落ち、力の大会は第7宇宙の勝利によって決着した。 第11宇宙が消滅する最中、悟空はジレンに「また戦いたい」と言うとジレンは満足したような顔して仲間たちと共に消滅した。一人武舞台に残りMVPとなった17号は超ドラゴンボールで願いを叶える権利を手に入れる。17号は消えてしまった他の宇宙を元に戻すように願い、全ての宇宙は元に戻った。実は全王は最初から宇宙を消す気はなく、最後まで勝ち残った選手なら他の宇宙を復活させようとするだけの“徳”を持ち合わせていることを予見して、この大会を開いたのであった。復活したジレンは仲間の大切さを理ドラゴンボール超 サイヤ ドラゴンボール超 登場 ドラゴンボール超 スーパー 解し、悟空との再戦を願った。フリーザはビルスに奮闘を認められ、ウイスの力により正式に復活を果たす。フリーザは「悪事をやめるつもりはありませんよ」と宣言するが、悟空は「そんときはオラが倒すさ」と返した。こうして全宇宙は一つも消滅することなく存続していくこととなった。 劇場版からの変更点 「破壊神ビルス編」と「フリーザ復活編」は、鳥山明が手掛けた劇場版2作品『神と神』と『復活の「F」』を原作に用いて、それぞれテレビシリーズアニメの各1クール分ほどに引き伸ばして再構成・再制作していることもあり、原作となる劇場版2作品とは差異が生じている。主な相違点を以下に挙げる。 変更点(破壊神ビルス編) 劇場版ではビルスはブルマの誕生日当日に目覚めていたが、本作ではそれ以前に目覚めており、地球に来るまでの間にいくつかの星を破壊している。 劇場版では未登場だったグレゴリーが登場。サイヤ人編以降喋らなくなっていたが、本作では以前のように話している。 悟空の口調が前作『改』シリーズや劇場版に比べ、訛りがある話し方になっており、全シリーズ一貫している(「10倍」→「10べぇ」や「良かった」→「いがった」、「まいった」→「めぇった」など)。 魔人ブウ編でのベジータがトランクスと遊園地に連れて行く約束を果たすエピソードや、界王たちがセル編でセルの自爆に悟空のせいで巻き込まれたことをまだ根に持っていたなど、過去の作品との繋がりがいくつかあり、その後も『ドラゴンボールZ』のシーンを回想として流している。 劇場版では、悟空はいきなり超サイヤ人3で攻撃したが、本作では全ての超サイヤ人で戦い、一段階から順番に変身して戦う展開になった。 ブルマの誕生日パーティーの会場がカプセルコーポレーションの敷地から豪華客船に変更されている。 パーティの際の内容が変更に。ビルスとベジータらのやり取りなども多く変更されている。ビンゴ大会やピッコロのカラオケ、グレートサイヤマンの余興がカット。ベジータのダンスシーンが自らたこ焼きを調理する内容に変更。 ピラフ一味が子供の姿に若返ったのは劇場版ではドラゴンボールで神龍に願いをしたからだが、本作ではどうやって若返ったのかについては明かされていない。 ピラフ一味がブルマの誕生日パーティーに潜入した経緯が変わっている。劇場版ではドラゴンボールがあることを知っていたが、本作では偶然レーダーに反応して潜入したことになっている。またトランクスがマイに惚れる描写もなくなった。 ブルマとマイが自分の年齢について語るシーンがカットされた。 ゴテンクスがビルスに敗北するシーンでは、劇場版では尻を叩かれ謝りながら地面に落下していたが、本作ではしっぺの連打とデコピンで壁に激突した。 孫悟飯が老界王神の潜在能力解放状態となってビルスに挑む際、劇場版では私服の下に着ていた道着姿となって戦闘したが、本作では私服姿のまま戦闘した。 正しい心を持ったサイヤ人に関して抗論した際、劇場版ではデンデが「ベジータさんも正しい心を持っていますよ」と弁護していたが、本作では亀仙人が「ベジータも今では正しいぞ」と言った上にチチが「偏見は良くない」と言った。 ビルスがジャンケンでウーロンを指名した理由が、プリンをくれなかったブウと容姿が似ていたためだということが本作で明らかになった(『神と神 特別編』では特に理由はなかった)。また、ジャンケンも2回あいこで決着もビルスがグーを出し、ウーロンがチョキで負けた。『神と神 特別編』にあった、ヤムチャが「豚だからチョキしか出せないと思っている」とアドバイスするシーンがカットされている。 神龍は、すぐでなければ超サイヤ人ゴッドを呼び出せるような発言をしている。 本作では、超サイヤ人ゴドラゴンボール超 twitter ドラゴンボール超 日前 ドラゴンボール超 原作 ドラゴンボール超 東映 ドラゴンボールZ 2016 ッドを作り出す方法はナメック星の伝説の書に記載されていた。 “正しい心の光”ではない、それ以外の単純なエネルギー(気)の譲渡については、それは単なるパワーアップでしかなく、神の域の力に達することはできないと、劇場版ではピッコロやビルスが指摘していたが、本作ではウイスが指摘する。 超サイヤ人ゴッドを作り出す際に、本作ではビーデルの髪が一時的に金色に変化している。 界王神や界王たちが悟空とビルスとの戦いを見守る描写が追加された。 神様であるデンデもビルスや超サイヤ人ゴッドになった悟空の気を感じられる描写が追加された。 神の次元の実力者同士の闘いでは周囲にも影響を及ぼし、場合によっては世界そのものが消滅しかねない危険性があるという新たな設定が登場した。 キビト界王神の声優が『改』などの三ツ矢雄二から『ドラゴンボールGT』で同役を演じた太田真一郎へ変更された。 劇場版では、後に超サイヤ人ゴッドへの覚醒を協力するようにベジータが悟空に確約させていたが、本作では悟空から協力を提案されるも独力で強くなって破壊神や超サイヤ人ゴッドも倒すとその提案を断った。 変更点(フリーザ復活編) 劇場版ではベジータがウイスの下で修業する経緯は、悟空に遅れを取らぬよう共についてきたと語られていたが、本作ではベジータが「地球で一番美味しいもの」と引き換えに悟空より半年ほど先に稽古を受けている。 新たな悟空の道着とベジータの戦闘服を手に入れる経緯が明らかになった。 クリリンが警官になって銀行強盗を追うシーンが、劇場版ではフリーザがパワーアップした後の出来事だったが、本作ではベジータの修業開始から半年後になった。また本人いわく2回ほど試験には落ちたとのこと。 修業中のベジータは、師匠のウイス、ビルスや予言魚に対しても丁寧語で「様」付けしている。また悟空共々修業の成果で「神の気」を感じ取れるようになった。 ウイスがベジータや悟空の弱点を話す場面が、劇場版でのフリーザが地球に襲来する直前ではなく、フリーザが復活する前になっている。 劇場版ではピラフ一味がドラゴンボールを6個集めた所でソルベとタゴマが現れて脅して奪い、海中にある7個目のドラゴンボールをタゴマが潜って見つけるが、本作ではピラフ一味がドラゴンボールを7個全て自力で集めた所にソルベとタゴマが現れて脅している。 劇場版ではソルベの指が4本だったが、5本に改められている。 劇場版ではカットされていたピラフ一味がフリーザが来る前に地球を脱出する話や、タゴマが昔フリーザを見たことを話す場面が追加された。それに伴い、かつてフリーザがギニューやドドリアと会話をしている姿を、タゴマが見かける回想シーンも挿入された。 劇場版では2つと説明された神龍の願いが、本作では神龍が3つ願いを叶えられることをソルベに話した(ただし、多くの人を生き返らせるなどの大きな力を必要とする願いは、願いが2つ分消費されるとも話した)。また、ピラフ一味もそれを知る描写が追加され、劇場版にもあったシュウの願いに新たにマイが世界一のアイスクリームを願う描写も追加された。 劇場版ではビルスの一人称が脚本段階での「オレ」「わたし」だったが、本作では一貫してビルス役の山寺宏一案[要出典]の「ボク」のままになっている(シャンパとの会話では一度だけ「オレ」になっている)。 「地球の地獄」の妖精の配役が、ももいろクローバーZから下地紫野と一木千洋に変更となっている。 フリーザが復活して間もない場面でタゴマが宇宙空間へと撃ち飛ばされず、指先からのビームで重傷を負う程度で済んで一命は取り留め、その後フリーザの特訓の練習相手にされており、地球での戦いにも参戦している。また、フリーザの練習相手をしたことでタゴマがフリーザ同様短期間で急激に強くなる描写も追加された。それに伴い、フリーザの影響で性格がより冷酷非道なものになり、口調も粗暴かつ相手を見下したものに変わっている。同時に劇場版やそれまでは一人称は「私」だったが、地球での戦いの際には脚本版の「オレ」に変化した。 フリーザのトレーニング期間が半年から4ヵ月に短縮されている(ただし、劇場版でも当初は4ヶ月で終わらせる予定だった)。 ブルマに会いに来たジャコを出迎えたのは劇場版ではブリーフ博士だったが、本作では悟天とトランクスになっており、2人がジャコの宇宙船を勝手にいじくったことをブルマに叱られて部屋でおとなしくしているよう言われた。 劇場版ではフリーザ軍が地球に到着したのは、悟飯たちが北の都の近くの島に到着する前で、この時にフリーザは挨拶代わりに北の都を吹き飛ばしているが、本作ではフリーザ軍の到着前に悟飯たちがすでに着いていたため、都を吹き飛ばす描写も無くなっている。 劇場版では天津飯が「餃子とヤムチャは置いてきた」と発言していたが、本作ではヤムチャのことについては言及していない。 劇場版ではブウは昼寝をしているという設定で未登場だったが、本作では実際に昼寝をしているシーンが追加されている。 劇場版では悟天とトランクスは悟飯がフリーザの件をあえて伝えなかったため登場しなかったが、本作では2人がカプセルコーポレーションで大人しくしている時にタゴマの気を感じとり、戦場に向かう描写が追加された。また、超ゴテンクスになって戦いにも参戦したが、すぐにフュージョンが解けて逃げ出し[注 10]、悟空とベジータが到着した後はデンデに事情を話して欲しいと頼まれ、戦線離脱した。 劇場版と違い、フリーザが自分の目の前で戦っているジャージ姿の人物が成長した悟飯だということに気付く明確な場面が描かれた。劇場版では悟飯がいることに気づいてはいたが、アニメほど明確な場面は描かれていない。 回想でフリーザ編でのクリリンがフリーザに殺されるシーンが追加された。そのことがトラウマとなっていたことを見抜いたフリーザが部下にクリリンを集中攻撃を命じた。 劇場版と違い、クリリンが久々の実戦かつフリーザに殺されたことを思い出し自信を失くしていたが、亀仙人の助言で自信を取り戻した。また使用した技も気円斬ではなく、拡散エネルギー波に変更された。 タゴマの生存によりシサミの扱いが大きく変更。劇場版ではピッコロと互角に戦った後に悟飯の一撃で倒されたが、本作ではすぐに悟飯と戦闘し、その最中に悟飯を倒すためにシサミを利用したタゴマの背中からの不意打ちで絶命し、悟飯も重傷を負った。 魔人ブウとの戦いの後、ずっと登場していなかったギニュー(カエル姿)が再登場を果たした。ボディチェンジでタゴマの体を奪い取り復活したが、超サイヤ人になった悟飯に敗れた後、地球に現れたベジータに瞬殺された。また、アニメ版の世界観を継承しているため、ブルマがチェンジでカエルになったギニューと入れ替わったことがある設定も引き継がれている。 ジャコが劇場版同様に参戦しているが、劇場版では「(フリーザ以外)その他大勢の敵」の範囲内ながらある程度の敵を倒していたのに対し、本作では騙し討ちで一体の敵を倒す場面が映るのみで、タゴマが悟飯たちと戦闘開始した際にブルマから参戦を促されるも「その他大勢の敵ではない」という理由で拒否するなど、終始ブルマの側から離れずほとんど戦闘していない。 ピッコロが、かつてのナッパとの戦いのように、悟飯をフリーザの攻撃から庇って死亡した。 ウイスがブルマからの通信を知ったのが劇場版では予言魚から伝わり知ったのに対して、本作ではビルスに取り置きしたピザを出すために杖を確認した際に知った。 地球に瞬間移動で移動することを悟空に指摘したのは劇場版ではブルマだったが、本作ではビルスとなっている。 劇場版では悟飯、ピッコロ、クリリン、天津飯、亀仙人の5人が気を溜めたことにより、悟空とベジータが地球に到着できたが、本作では悟飯一人の怒りのフルパワーによるものとなっている。また劇場版では悟空とベジータが瞬間移動する際にベジータは嫌々ながら悟空の説得で手を繋いで移動したが、本作ではベジータが差し出された手ではなく悟空の肩に手をかける形で移動した。 フリーザがドラゴンボールで生き返ったのを見抜いたのは劇場版ではピッコロだったが、本作ではベジータとなっている。 フリーザは悟空がピッコロに触れて目の前から一瞬で消えた技を、ヤードラット星人が使う瞬間移動であることを見抜いた。 劇場版では悟空・ベジータ到着前に悟飯たちによって死なない程度に倒されていた部下がフリーザの手で粛清されていたが、本作では悟空とベジータが到着した時点でもフリーザの周囲に半数程度の部下が戦闘可能な状態で生き残っていた。しかし、フリーザが最終形態に変身する際に発した巨大な衝撃波に巻き込まれ、周りの地形もろとも全員消し飛ばされた(ソルベだけは衝撃波から離れた場所にいたため巻き込まれなかった)。 劇場版では悟空と最終形態のフリーザの戦闘は、ベジータが乱入するまでは基本的に2人だけの正々堂々としたものだが、本作ではフリーザがクリリンやブルマを攻撃して、それを守ろうとする悟空に隙が生じた際に悟空を攻撃し(2人とも無事)、戦闘中でも悟空の目を狙ったりするなど卑劣な行動を繰り返す。 フリーザがゴールデンフリーザに変身した際に「感じるエネルギーから察すると」と発言しており、4ヶ月のトレーニングで悟空たちのように気が探れるようになった描写がある。 劇場版より悟空がゴールデンフリーザに追い詰められる描写が増え、またベジータが体力がなくなってきたフリーザを追い詰める描写が増えた。 ビルスとウイスが苺を食べた数で揉める場面や、フリーザがベジータを最高司令官としてスカウトするシーンがなくなった。 劇場版では悟空が超サイヤ人ゴッド超サイヤ人の状態でソルベの光線銃に撃たれたが、本作では変身を解いた状態で撃たれている。 ソルベは劇場版ではベジータが弾いたフリーザのエネルギー弾の爆発で跡形もなく消え去ったが、本作では同じくベジータが跳ね飛ばすもエネルギー弾ではなく、ビームで心臓を貫かれて死亡した。 劇場版にはなかったフリーザが地球を破壊した時の爆発に巻き込まれる仲間たちや、カットされたウイスの力で時間が戻った時の悟空たちの様子が追加された。 ブルマが家族の死を悲しむ様子に加え、悟飯やクリリンが自分たちの家族の死を悼む描写が追加された。 本作ではウイスが自身の能力を話すタイミングが、悟空らの修行中にビルスがくしゃみで惑星を破壊した時ではなく、フリーザに地球を破壊された後になった。 劇場版にはなかったベジータが悟空たちに時間が巻き戻された事情を聞くシーンや、ビルスやウイスを祝勝パーティーに誘うシーンが追加された。 祝勝パーティーの際、トランクスが「今度フリーザが蘇ったら自分の手でぶった斬ってやる」と言うシーンが追加され、未来の青年トランクスがフリーザを倒した時と同様の仕草だったため、それを見ていた悟空とピッコロは苦笑した。 祝勝パーティーの際、悟飯が大切な人を守るためには修業も必要であると思い返し、ピッコロに再修行を依頼した。 漫画版との相違点 「破壊神シャンパ編」以降は、劇場版を原作としない本作『超』のみのオリジナルストーリーだが、鳥山明によるストーリー原案を基にした「アニメ版」と「漫画版」が同時進行で制作されている。 鳥山明によるストーリー原案はテキスト(文章)形式で制作スタッフに届けられる[6]。そのストーリー原案を基にして、アニメ版と漫画版それぞれのスタッフが同時進行で作品を制作しているため、大筋の物語の展開は同一だが、週1回のテレビシリーズアニメと月刊誌連載の漫画という各々の発表形式に合わせての表現方法の違いや、ストーリー原案のテキスト内容の解釈の差異から、アニメ版と漫画版では背景描写や登場人物の台詞や口調、どちらか一方のみにしかない場面があるなど、相互に補完する関係性となっている。 一例を挙げると、ウイスの下での修行中、悟空とベジータが超サイヤ人の新たな形態「超サイヤ人ゴッド超サイヤ人」という名称が長く呼称しづらそうなのを見かねて、ウイスが「超サイヤ人ブルー」という略称の使用を提案する[12]場面が漫画版にのみ存在し、アニメ版ではカットされていた。だが、このやり取りの後に当たる第6・第7宇宙破壊神選抜格闘試合の際には、アニメ版でも悟空らがこの略称を使用するようになっていた。 鳥山が書いたテキスト形式の第1話の脚本では、トラクターで畑を耕していた悟空が弁当を届けに来た悟天に「なんだ幼稚園はもう終わったのか?」と聞く台詞が書かれていた[13]が、アニメや漫画では訂正されている。 主な相違点を以下に挙げる。 相違点(破壊神ビルス編) 悟空が農作業中にフリーザ、セル、魔人ブウ(純粋)とイメージトレーニングで戦う。 単行本の幕間ページでサタンが1億ゼニーをベジータの元に届けようとするも「足りている」と拒否される。 ビルスの毒殺を企てた惑星の為政者が星もろとも破壊されている。 ビルスの目を盗んで超ドラゴンボールを探していたシャンパとヴァドスが界王神たちと接触。超ドラゴンボールを発見した現フリーザ軍の重鎮であるガラナを破壊している。 ビルスとの戦闘中に超サイヤ人ゴッドが解除されず、ビルスの最後の攻撃を相殺した直後にウイスが仲裁に入り「今回は引き分け」として地球破壊を免れる。また、悟空が超サイヤ人ゴッドのパワーを吸収したと言及されていない。 同様にビルスも何割の力を出して戦っていたのかは不明。 相違点(フリーザ復活編) 『ドラゴンボール超』連載開始前に、劇場版『復活の「F」』の公開に合わせて全3話構成の読み切り漫画として『Vジャンプ』誌上に掲載された。しかし映画の宣伝用の漫画であったため、闘いの結末までは描かない物語中盤までの漫画化であったこともあり、単行本化はされていない。『超』の本連載時には「フリーザ復活編」はその事件の顛末が解説で語られたのみで省略されている。単行本では「破壊神シャンパ編」開始直前の幕間ページにて「と…とばされた…」と落ち込むフリーザ一味が描かれた。 悟飯が復活後のフリーザとの力量差を察し、攻撃を受けて戦闘不能に追い込まれる展開はカット。 相違点(破壊神シャンパ編) 超サイヤ人の新たな形態の呼称「超サイヤ人ゴッド超サイヤ人」が長くて言いにくそうな悟空とベジータを見かねて、ウイスが「超サイヤ人ブルー」という略称の使用を提案する場面が追加されている。 過去のビルスとシャンパの喧嘩で宇宙が破壊される直前までエスカレートしたのを諌められて以降、互いの宇宙の珍味で競い合うようになった。 復活したフリーザ襲来時に剃り上げたクリリンの頭髪が、アニメでは再び伸びて生え揃っていたが、漫画版では坊主頭のままであった。 アニメではいなかったピラフ一味が観戦に来ており、超ドラゴンボールの大きさに驚いたり現代トランクスと絡んだりしている。 リングが見上げるほどの巨大さではなく常識的なサイズ。 悟空が自分でボタモの攻略法を思いつき、パワーで対抗することに捉われていたベジータとピッコロが唖然とする。 ピッコロ戦でフロストが最終形態を解除しない理由が「悟空との試合で消耗したのでピッコロを殺めてしまう危険はない」ではなく「早く試合を終わらせたい」になっている。 ピッコロが魔貫光殺砲を使わず、気弾や腕の伸縮を中心とした中距離での消耗戦を狙った悟空のアドバイスを汲んだ戦法を取る。 ベジータがフロストに疑念を持っておらず、不正を行っているのにも気付いていない。 自分の選手が有利になるようマゲッタ戦で介入していたシャンパが、漫画版では干渉しない。 ヴァドスの作り出したドームは魔貫光殺砲などで破壊されているが、漫画版では超サイヤ人ブルーとなった悟空のかめはめ波でのみ破壊されている。 悟空とヒットとの戦闘において、アニメ版では悟空は通常状態で闘った後、超サイヤ人ブルーへと変身したが、漫画版では通常状態⇒超サイヤ人⇒超サイヤ人ゴッド[注 11]⇒超サイヤ人ブルーと段階的に変身して闘った。 アニメ版では悟空がヒットとの戦闘終盤、超サイヤ人ブルー状態での界王拳を使用したが、漫画版では使用していない。その分、超サイヤ人ブルーそのものが、短時間限定の特別なパワーアップである側面が強調されている。 悟空が超サイヤ人ゴッドへ変身すると、ヒットの「時とばし」は0.1秒より短い時間しか効果がなかった。これは「ヒットと悟空のパワーに差がつきすぎたのが原因」「ああいった特殊能力はある程度同じレベル以下の相手にしか通用しない」とウイスの説明があった[14]。また、超サイヤ人ブルー状態のベジータにヒットの時とばしが通用した理由として「本来の超サイヤ人ブルーの10分の1の力も出せていませんでした。ブルーは何度も変身できるものではありません。それだけ体力の消耗が激しい変身なんです」とウイスが語っている[14]。 悟空が自ら場外に落ちたのは、最強とされるモナカの実力が見てみたい好奇心からという理由になっている。 モナカの弱さが悟空を除く全員に周知される祝勝会が行われない。モナカの実情を知るのはビルスとウイスの会話を聞いていたピッコロのみ。 相違点(“未来”トランクス編) 悟空の道着がアニメ版と異なり、左胸と背中に「悟」の文字がない道着となっている。 未来のトランクスの世界での魔導師バビディとの闘いや、そのための界王神の下でのゼットソードを用いた修行、並行世界についての説明などが、アニメ版よりも詳細に描かれている。 漫画版では、未来トランクスが過去に旅立つ前に、行き先がなぜ「17年前」なのかが説明されており、「並行世界の過去に行く[15]」、「以前に使ったままなんだ、設定を変えるとおそらく同じ世界には行けなくなる[15][注 12]」と語られている。 なぜザマス(ゴクウブラック)が未来のトランクスの世界を計画遂行のターゲットとしたのかの理由として、バビディとダーブラとの闘いで第7宇宙の界王神が戦死した影響を受け、第7宇宙の破壊神ビルスも連動して消滅してしまったことと、孫悟空は心臓病で、ベジータら地球の戦士たちも人造人間との闘いですでに死亡しているため、計画が円滑に進めやすいと判断したことが描写されている。 未来トランクスの実力がアニメ版よりも強く描かれており、同じ超サイヤ人2同士ならば悟空と同格か少し上回るとされ、フルパワーを発揮した際には超サイヤ人3の悟空と同等の力を発揮した。 時の指輪を使って現代に出現したゴクウブラックと悟空の戦闘シーンがない。 未来トランクスが現代の悟飯と再会する展開はない(ただし単行本に収録された後日談エピソードではもともと未来トランクスとマイは現代世界の残るつもりでいたが、訪問してきた悟飯の発言で未来に戻る決心を固めた場面がある)。 現代トランクスは未来トランクスのことをアニメ版では「未来の俺」「オイ、俺」など対等な目線で呼んでいたが、漫画版では「お兄ちゃん」と呼び、一緒にレースゲームに興じたり、ザマスとの戦いから帰還した未来トランクスの胸に飛び込むなど、仲がいい設定になっている。 現代のザマスと対決するのが悟空ではなくキビト。それに伴い悟空とザマスに面識はない。 魔人ブウの討伐は本来、第7宇宙の破壊神であるビルスの仕事であったことが明かされる。 新たに平行世界が生まれるのを承知の上でビルスがザマスの破壊に向かう。同時に未来におけるザマスの悪行を界王神に暴かせる。 アニメ版では未来から一度敗走して二度目の対決時に明かされたゴクウブラックの正体が、漫画版では最初に対面する場面で悟空たちに知られている。 悟空が仙豆を忘れていない。 ドラゴンボールで獲得した不死身の肉体を強調されていたアニメ版のザマスに対して、漫画版では“界王神の従者”としての特殊能力の厄介さが描写されている。 単行本の描き下ろしにて、モナカが最強であると真に受けたザマスが一度モナカと体を取り替えて失敗していたことが判明した。 未来世界でのベジータとの初戦闘時、ゴクウブラックは超サイヤ人には変身できるも、超サイヤ人ロゼへの変身には至っておらず、超サイヤ人ブルーのベジータに圧倒された。だがそのダメージをザマスに全快してもらうと戦闘力を大きく飛躍させ、ゴクウブラックは超サイヤ人ロゼに覚醒し形勢は逆転した。超サイヤ人ロゼの詳細も説明される。 アニメ版では超サイヤ人ロゼに覚醒するとゴクウブラックの一人称が「私」から「俺」に代わっていたが、漫画版では「私」のままである。 「破壊神によって破壊された存在は、時空と次元を超えて同一存在にその影響が波及する」というビルスの台詞が無くなっている。それに伴い「ビルスに破壊されても自分とザマスが存在していたは時の指輪を嵌めていた」からというブラックの台詞が無くなっている。 未来トランクスとマイ以外に生き残っていた人間のレジスタンスは登場しておらず、ブラックたちから逃れる時も煙幕ではなく未来トランクスの太陽拳になっている。 ザマスとゴクウブラックが全王を恐れていることが判明する。また、2人は全王に見つかる前に別の宇宙に逃亡するため、悟空たちがやってくる前に地球人(トランクスとマイを除く)を皆殺しにしている。 ゴワスとシンが悟空たちとは別行動で未来へ移動し、トランクスとマイを救出する。ゴワスがゴクウブラックを説得して動揺させるもゴクウブラックの刃に貫かれる。 トランクスがパワーアップする展開はなく、傷を癒す方法も界王神の煎じた薬草と一晩の休養によるもの。 悟空が行う魔封波の修行は天津飯が行っていた気弾を操作するものと同じ。ウミガメは実験台にされず亀仙人と就寝している。 魔封波は封印する対象に応じて術者にも相応の体力が必要だと説明される。仮に亀仙人がザマスに魔封波をかけても封印することはできずに術をかける段階で力尽きてしまうとのこと。 未来に現代ブルマが同行しないのでタイムマシンが破壊される一連の流れは無く、そのために修理する場面も無い。また、トランクス以外に悟空がタイムマシンを操縦する描写がある。トランクスのいる並行世界とは結びつきが弱くなっていると言及され、次の往復が最後と断定される。 魔封波を使用するのはトランクスではなく悟空。また、封印札も忘れたのではなく、亀仙人のキャバクラ割引券と封印札を間違えて持ってきてしまったことで失敗する。 精神と時の部屋修行後のベジータとゴクウブラックの再戦ではベジータは超サイヤ人ゴッド[注 13]に変身して戦い、修行で超サイヤ人ブルーは何度も変身することはできないという弱点を克服し、攻撃時だけ超サイヤ人ブルーに変身することで消耗を抑えてゴクウブラックを圧倒する。この戦法はヒット戦の悟空の作戦を発展させたもの。 魔封波により体力を消費したため悟空も超サイヤ人ゴッドでザマスと戦い、不死身なので攻撃が効かないものの悟空に勝つこともできないためザマスは精神的に追い詰められる。 ザマスの戦闘力そのものは未来トランクス以下。不死身性もポタラ合体で変調をきたした後の苦痛の感覚が戻っているアニメ版と同じ。 怒りでブラックがパワーアップしない。よってベジータを再び上回ることはできずに追い詰められていく。 ザマスとゴクウブラックが自分同士で仲間割れし、ベジータにとどめを刺されそうになったところでゴクウブラックがザマスに最後の手段を持ちかける。 悟空がポタラ合体を察して攻撃を加えるも、寸前で合体を完了して合体ザマスとなる。 合体ザマスが「裁きの刃」「絶対のいかずち」「聖なる逆鱗」などの技を使用しない。代わりにカッチン鋼を大量に生成して投げつけたり、拳などを部分的に空間を越えさせての攻撃を仕掛けるなど特殊な攻撃を用いる。 合体ザマスになっても不死身の特性が変調を来たさず異形の形態にもならない。 合体ザマスを前にしても、悟空とベジータがポタラを使ってすぐに合体を行わず、1対1の勝負に拘る。特に頑なだったベジータがトランクスから未来のブルマの生前の想いを聞かされ、それに折れる形で合体を了承する。 正式に界王神になっていないザマスのポタラを使った合体も、人間と同じく約1時間の時間制限がある。ザマスはその事実をゴワスから知らされていなかった。だが、分離したにもかかわらずザマスとブラックの体はそれぞれ合体ザマスの姿へと変貌し、さらにその肉片までもが合体ザマスとなりその数は増殖する。 ベジットとなった後に仙豆を食べて体力を全快させ、超サイヤ人ブルー変身時は「ブルーベジット」と名乗る。アニメ版以上にブルーベジットは合体ザマスを圧倒し、その闘いぶりを見ていた界王神シンは、ブルーベジットのパワーは破壊神ビルスすら超えている可能性があることを示唆した。 未来トランクスが以前バビディらとの闘いに向けて界王神の下で修行した際に“界王神の従者”となる儀式を受けている。そのため本人も気付かぬうちに他者を回復させる能力を身に付けていたことが判明した。 ブルーベジットの合体が解けた後、悟空が超サイヤ人ブルーを真の意味で完成させ、単体でも合体ザマスと渡り合って闘っている。 トランクスが合体ザマスを一刀両断した後、アニメ版では霧状の存在となり空一面をザマスの顔が埋め尽くし地球全土さらには宇宙全体を包み込む描写が、漫画版では無数の合体ザマスの集団が悟空たちを追い詰める描写となっている。 アニメ版同様に悟空が「全王からもらったボタン」を持ち出し全王を召喚し、合体ザマスの集団は全王の姿を見るや途端に踵を返し一斉に退散しはじめた。さらにこの時、悟空はザマスのこれまでの悪事の詳細を全王に話した。 全王が万物を消滅させる力を行使したことで、アニメ版では宇宙そのものと一つになったザマスを消滅させたが、漫画版では大量増殖した合体ザマスを全宇宙と共に存在そのものを完全に消滅されてしまう。一方の悟空たちはアニメ版同様、全王の消滅能力が行使される寸前で現代世界に帰還している。

映画.com

 

 

ドラゴンボール超/スーパー 動画 無料

ここに来て、ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信配信サービス業界では従来にない斬新な「視聴放題」というプランが誕生し注目されています。1冊ごとにいくらではなくて、月々いくらという料金徴収方式なのです。
かなりの数の方が無料アニメドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信を見ているようです。急に予定がなくなった時間とか電車で移動中の時間などに、手っ取り早くスマホで楽しむことができるというのは、何より便利だと思います。
無料ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信に関しましては、DVD屋での立ち視聴と同様なものだと捉えることができます。どんな内容かを適度に認識してからゲットすることができるので、利用者も安心だと思います。
アニメファンの方からすると、無料アニメドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信というのは非常に画期的なコンテンツなのです。スマホさえ所有していれば、好きな時間に視聴することが可能です。
多くの人から支持されているアニメドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信は、若者だけが楽しむものではないのです。アニメを見ない人でも楽しめる作りで、深遠なメッセージ性を秘めたアニメもかなりあります。大体のDVD屋では、販売中のドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信の立ち視聴を阻止するために、ビニールをかけるケースが多いです。電子ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信なら試し視聴というサービスがあるので、内容を確認してから購入が可能です。
連載しているドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信は数十巻という冊数を買わないといけないので、まず最初に無料ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信で軽く読んで確かめるという方が増加傾向にあります。やはりその場で購入を決断するのは敷居が高いのでしょう。
趣味がドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信だということを秘匿しておきたいと言う方が、このところ増えているのだそうです。自分の部屋にドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信は置けないというようなケースでも、ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信サイトの中だけであれば他人に隠したままドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信を見ることが可能です。
ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信ブックと言うと、若者の物だと考えているかもしれません。けれども今はやりの電子ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信には、中年層の方が「青春を思いだす」と言うような作品も多くあります。
買うかどうか判断しづらいドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信があれば、電子ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信のサイトでお金が不要の試し視聴を利用してみると良いでしょう。読める分を見てもう視聴たくないと思ったら、購入する必要はないわけです。ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信配信サービスも一般のブルーレイ同様に情報が商品ということになるので、面白くなくても返品することは不可能となっています。それ故概略を確認するためにも、無料ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信に目を通すようにしましょう。
一纏めに無料ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信と申しましても、取り扱われているジャンルは多岐にわたります。少年向けからアダルトチックなものまで揃っていますから、あなたが希望するドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信を間違いなく見つけ出せるでしょう。
ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信サイトの最大の魅力は、ラインナップの数が書店よりもずっと多いということだと言われます。売れ残って返DVD作業になるリスクが発生しない分、多種多様なタイトルを取り扱えるのです。
バスに乗っている時もドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信に熱中したいという人にとって、ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信サイト以上に役に立つものはないと言えます。スマホをたった一つ所持していれば、好きな時にドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信が読めます。
あらかじめ内容を知ることができるのであれば、読んでしまってから悔やまなくて済みます。お店で立ち視聴をするのと同じように、電子ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信におきましても試し視聴を行なえば、中身を知ることができます。 子供だけではなく大人も無料アニメドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信を利用しています。隙間時間とか電車やバスで移動中の時間などに、気軽にスマホで楽しめるというのは有り難いですね。
人気のアニメドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信は若者だけを想定したものだと考えるのは早計です。親世代が見ても楽しむことができる内容で、尊いメッセージ性を秘めた作品も多くなっています。
ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信配信サービスは買いやすく、知らず知らずのうちに利用代金がすごい金額になっているということがあり得ます。ところが視聴放題でしたらあらかじめ料金が決まっているので、ダウンロードし過ぎたとしても料金が高くなることはありません。
懐かしいドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信など、店頭では取り寄せしてもらわないと入手困難なDVDも、電子ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信という形態でバラエティー豊富に並んでいるので、その場で直ぐにDLして見ることができます。
簡単にダウンロードして読めるというのが、無料ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信配信サービスの良いところです。店舗まで出向いて行く必要も、インターネットでオーダーしたDVDを届けてもらう必要も全然ないわけです。物語の世界を堪能するのは、日々のストレス発散に凄く有効です。難しい物語よりも、シンプルな無料アニメドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信の方が効果的です。
無料ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信なら、買おうかどうか決断し切れずにいるドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信の数ページ〜1巻を0円で試し視聴することが可能になっています。手にする前にドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信の中身をそれなりに確かめられるため、非常に便利だと言えます。
店舗では、棚の面積の関係で並べることができるブルーレイ数が制限されますが、電子ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信の場合はこんな類の制限がないため、ちょっと前に発売されたドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信も扱えるのです。
「電車やバスに乗っていてドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信を取り出すなんて絶対に無理」、そんな人でもスマホに丸ごとドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信を入れておけば、人の目などを気にすることがなくなります。この点がドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信サイト人気が持続している理由の1つです。
ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信配信サービスビジネスには多数の業者が進出していますから、念入りに比較してから「どのドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信配信サービスお使用するのか?」を決めていただきたいと思います。取扱いブルーレイの数量や料金、サービスの中身を確認すると良いと思います。ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信配信サービスを買うというのは、ネットを媒介に文字とか絵などの情報を手に入れるということなのです。サービスが停止してしまったということがあると利用できなくなるので、絶対に比較してから信用度の高いサイトを選択しましょう。
ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信雑誌を買い揃えると、いずれ収納できなくなるということが起こるでしょう。だけどもブルーレイではない電子ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信であれば、保管場所に困る必要性がないため、何も気にすることなく読めます。
スマホを持っているなら、視聴たいときにドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信漬けになることができるのが、ドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信サイトの強みです。1冊単位で購入するタイプのサイトや月極め料金のサイトなど諸々あります。
退屈しのぎに一番合っているサイトとして、人気が広がっているのがドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信サイトだと言われています。お店でアレコレドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信を探さなくても、スマホさえあれば視聴できてしまうというのが強みです。
老眼が進んで、近場の文字が見えなくなってきたという読書好きの中高年の人にとりまして、スマホでドラゴンボールZ@動画無料視聴|全話フル配信配信サービスを見ることができるようになったというのは、ある意味革新的なことなのです。文字のサイズをカスタマイズできるからです。

アニメ「ドラゴンボール超/スーパー」の動画を無料で全話視聴する方法!ドラゴンボール超/スーパーを見ることができる動画配信サービスVODをご紹介しています!再放送を待つことなく1話から最終回まで高画質で無料視聴できます!声の出演:野沢雅子、古川登志夫、田中真弓、青野武、鶴ひろみ

 


特定商取引法に基づく表示プライバシーポリシー