動画無料視聴の情報まとめ|hitstones.com


このページでは主なVODサービスを調査し、銀魂無料で視聴することができるVODサービスをご紹介しています。


FODプレミアム

銀魂の配信:×
無料視聴:−

  • 無料期間:1ヶ月(※)
  • 無料期間終了後:月額888円

※Amazonアカウントで登録すれば1ヶ月無料!

FODプレミアム無料登録へ



ビデオマーケット

銀魂の配信:◎
無料視聴:可

  • 無料期間:登録月
  • 無料期間終了後:月額500円 or 980円
    ※500円のコースは毎月540P付与

    ※980円のコースは毎月540P付与に加えて見放題作品が視聴可能!

Video Market無料登録へ


U-NEXT

銀魂の配信:◎
無料視聴:可

  • 無料期間:31日間
  • 無料期間終了後:月額1,990円
    ※U-NEXTは見放題のタイトルが多数!作品によってはポイントが必要なものもありますが、登録時にもらえるポイントを利用して実質無料視聴可能です。

ユーネクスト無料登録へ


Hulu

銀魂の配信:◎
無料視聴:不可

  • 無料期間:2週間
  • 無料期間終了後:月額933円

フールー無料登録へ


DMM見放題chライト

銀魂の配信:×
無料視聴:−

  • 無料期間:2週間
  • 無料期間終了後:月額540円
  • 成人向け作品が豊富!

DMM見放題CHライト無料登録へ


dTV

銀魂の配信:◎
無料視聴:不可

  • 無料期間:31日間
  • 無料期間終了後:月額500円

dTV無料登録へ

 


ビデオパス

銀魂の配信:◎
無料視聴:不可

  • 無料期間:30日間
  • 無料期間終了後:月額562円

※au IDをお持ちの方限定のサービスです

auビデオパス無料登録へ

 


TSUTAYA DISCAS

銀魂の配信:◎
無料視聴:可

  • 無料期間:30日間
  • 無料期間終了後:月額933円 or 2,417円
    ※動画配信サービス及び宅配レンタルの利用ができます!

ツタヤディスカス無料登録へ

 

※当サイトの動画配信に関する情報は2018年7月時点のものです。最新の情報は各動画配信サービスの公式ページにて確認できます。

 

 

 

銀魂 ユーチューブより予告編など無料動画

 

銀魂 感想・レビュー・ネタバレ

 

銀魂 あらすじ・ネタバレ

天人(宇宙人)が来襲して、価値観が変わってしまった町、江戸。宇宙人や高層ビル、バイクなど何でもありの世界で変わらない“魂”を持った最後のサムライがいた。男の名は坂田銀時。いい加減で無鉄砲、でもキメるところはさりげなくキメたりして…。

Wikipedia

銀魂 出演者・キャスト

声の出演:杉田智和、阪口大助、釘宮理恵、磯部勉、山寺宏一

 

 

銀魂 評価・評判・レビュー等

概要 これまで複数の銀魂 動画 週刊少年 銀魂 動画 ジャンプ 銀魂 動画 魂篇 銀魂 動画 アニメ 放送休止(あるいは「放送終了」)期間を挟みつつ、以下のテレビシリーズが作られている(付随して2つの劇場版・イベント用ムービーもつくられている)。より詳細な流れは#沿革の節を参照。 テレビシリーズ第1期 2006年4月4日から2010年3月25日まで放送された。原作第1巻から第34巻冒頭までの内容がアニメ化されている。 『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』をもってアニメ版は”一旦終了”とされ、終了後はセレクション再放送『よりぬき銀魂さん』が放送された。 テレビシリーズ第2期・延長戦 2011年4月4日から2012年3月26日まで、また同年10月4日から2013年3月28日まで延長戦が断続的に放送された。タイトルロゴが『銀魂’』になる。原作第34巻から第46巻[注 4]までの内容がアニメ化されている。 『延長戦』はセレクション再放送『よりぬき銀魂さん』を内包する形で放送された(2012年10月4日銀魂 動画 3期 銀魂 動画 7期 銀魂 動画 無料 から同年10月25日まではタイトルを『金魂’』(きんたま)として放送)。 2013年7月6日から公開された『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』をもってアニメ版は”完結”と宣言されたが、2014年12月21日のジャンプフェスタ2015で2年ぶりの新シリーズが2015年4月から放送されると発表された[2]。 テレビシリーズ第3期 2015年4月8日から2016年3月30日まで放送された。タイトルロゴが『銀魂゜』になる。原作第44巻の第三百八十四訓・第三百八十五訓と第47巻から第61巻までの内容がアニメ化されている。 2015年10月10日に大阪城ホールで開催された、TBS系列準キー局・毎日放送(MBS)主催のイベント「MBSアニメフェス2015」に、放送局の系列の枠を越えて本作がサプライズ参加し、来場者を驚かせた[3]。 2015年11月3日に、12月2日から『将軍暗殺篇』を放送することが大々的に発表される。同時に将軍暗殺篇のキービジュアルが公開された他、レギュラーの万事屋3人の声優のコメントも発表され[4]、11月11日の放送後には特別予告編が流れるなど異例の事態となった。2016年2月3日からは第3期の完結編として『さらば真選組篇』が引き続きアニメ化された。演出面においても番組ロゴが劇場版と同じデザインとなり、OP・ED映像、本編サブタイトルの挿入部分、アイキャッチが変更されたりと、本編のシリアスな展開に合わせた構成となっている。 原作のクライマックスの序章で銀魂 動画 アニポ 銀魂 動画 映画 銀魂 動画 5期 銀魂 動画 4期 銀魂 動画 2期もある将軍暗殺篇以降のアニメ化に伴い、第311話内のショートアニメとして放送された第四百八十一訓と、単行本55巻・56巻限定版に付属するOVAとして収録された『愛染香篇』を除いた原作の一部のアニメ化は『ポロリ篇』まで見送られた。 アニメージュ第38回アニメグランプリにおいて、神楽が女性キャラクター部門グランプリ、『銀魂゜』が編集部特別賞を受賞した。 テレビシリーズ第4期(烙陽決戦篇・ポロリ篇・銀ノ魂篇) 2017年1月9日より、1クールの放送休止を2回挟みつつ順次放送中。タイトルロゴが『銀魂.』になる。CS放送・テレビ東京系列以外の一部の放送局を除けば初の深夜放送になる。 2017年1月9日から同年3月27日は第61巻から第66巻の第五百九十五訓までの『烙陽決戦篇』がアニメ化され、演出面も概ね将軍暗殺篇以降に準じている。アニメの1話分に原作の4話以上を使用する事が大半で、将軍暗殺篇・さらば真選組篇と比べても進行速度が早かった。終了後は実写映画の宣伝を兼ねる形でセレクション再放送『よりぬけ!銀魂さん 過去回想篇』が放送された。 アニメージュ第39回アニメグランプリにおいて、神楽が女性キャラクター部門グランプリを2年連続で受賞した。 2017年10月2日から同年12月25日は『ポロリ篇』と題し第48巻から第56巻の内、将軍暗殺篇以降の放送に伴ってアニメ化されなかった原作が順次アニメ化された[注 5]。 2017年11月20日に、2018年1月8日より最終章『銀ノ魂篇』を放送することが発表され、同時にキービジュアルが公開された。2018年1月8日から同年3月26日は『銀ノ魂篇』の『前半戦』と称し、第66巻の第五百九十六訓から第70巻の六百三十一訓までがアニメ化された。70巻の六百三十二以降は『後半戦』と称し、実写映画の宣伝を兼ねる形で2018年7月9日より再開された。 作風 初代シリーズ構成の大和屋暁と初代監督の高松信司の手腕により原作のテンションと毒を巧みに再現し、過激な部分を含めてほぼ忠実なアニメ化がされた。 アニメオリジナル要素として、世代ギャグやパロディ、メタフィクションネタなども積極的にアニメ化銀魂 公開 銀魂 サイト 銀魂 動画 6期 銀魂 動画 銀ノ魂編 銀魂 動画 1期され、放送枠移動や打ち切り、原作への追いつき、製作費や画面アスペクト比といったアニメ製作の裏側までもが表現される。 基本的に1話30分だが、2本立ての回もある。放送上はひと続きの番組であるが、第1期では1年ごとで明確にシーズン分けされている。これは他の長寿ジャンプアニメには見られない特徴である。 2009年3月までは、テレビ東京系列18時台の木曜日で唯一の4:3制作作品。前述の通り4年目は左右にサイド パネルを添加して放送したが、一部エピソードでは演出の一環として断片的に画面サイズ16:9で制作された。2011年4月からは本編中も画面サイズ16:9化に変更された[注 6]。 放送中に原作単行本を追い抜いてしまう事態が起こり、第136話・第188話・第195話後半から第1期最終回までは、該当する原作が単行本化される前にアニメで放送された。同様に4年目のほとんどのエピソードがジャンプ本誌に掲載されてから短期間でアニメ化されている。同様の事態は第2期でも起きており、第249話から251話までは単行本化される前にア銀魂 キャスト 銀魂 実写 銀魂 夢小説ニメで放送され、第251話では制作期間の短さをネタにした。4年目及び第2期の一部エピソードでは放映日のタイミングと大幅に季節感のずれたエピソードが放映されるような事態も度々発生した。 第2期において、『NARUTO -ナルト-』のネタで万華鏡写輪眼をケツ毛鏡写輪眼と発言したり、椿平子(ちん ぴらこ)のことを万平子(まん びらこ)と呼ぶなど、放送禁止用語を連想させる言葉が多い[注 7]。第1期で見られたアニメオリジナルストーリーや2本立ての回がほとんどなくなり、前者は第209話と第252話、後者は第204話と第205話のみとなった。原作における第三百十二訓は第2期のCMで部分的にアニメ化されたものの、それ以降は延長戦を含めて完全なアニメ化がされていなかったが、第3期に先駆けジャンプスペシャルアニメフェスタ2014で初アニメ化された。 金魂篇は第2期最終回予告編での部銀魂 映画 銀魂 映画 銀魂 アニメ 銀魂 ネタバレ 銀魂 動画分的なアニメ化を経て延長戦開始時に放送され、期間中は公式サイトのトップ絵や登場人物一覧、新聞のテレビ欄やEPGの表記、オープニングやエンディングのアニメーション、サブタイトル の文字(筆文字→金色のワードアート)、さらには監督コメントまでが完全な『金魂’』仕様になった[5]。オープニングやエンディングのアニメーションは単純に主人公を入れ替えた程度の物ではなく、タイトルロゴに限らずキャラクターの行動や表情、登場する道具(万事屋の面々が乗る車のデザインなど)やクレジット文字など、細部に渡って変更がなされた。さらに、坂田金時が『銀魂’』を最終回に追い込み新しいアニメ『まんたま』を始めようとした時にはエンデ銀魂 動画 2018 銀魂 銀ノ魂篇 1話 気ままにyoutube 銀魂 銀魂2ィングや提供表示の煽りコメントが最終回を思わせる演出となり、『まんたま』でも専用のタイトルロゴとオープニングアニメーション(オープニングテーマとスタッフクレジット付き)が制作され、偽物の提供クレジットまで表示されるなど随所に至るまで徹底的な演出が行われた。また、テレビ欄では金魂篇終了回は『金魂’』最終回として、その翌週は新番組「銀魂’」として案内された。 第3期では部分的なアニメオリジナルのパロディネタを除き、完全なアニメオリジナルストーリーが一切放送されなかった。「将軍暗殺篇」以降はタイトルに「(各篇名)篇」が付く。最終回の提供パートでは原作における五百七十三訓のワンシーンがアニメ化された。 原作との違い アニメ化の順番は原作と多少異なる。アニメ版は基本的に自重しない為、夕方枠としてはかなり危険なネタもアニメ化されるが完全ではない。原作準拠の話でも原作ではその話には登場しな銀魂 動画 2期 銀魂 動画 3期 銀魂 動画 映画 銀魂 アニメ 6期かった人物を登場させる、原作にあった一部のシーン・台詞がカット及び変更する場合がある。ただし一部原作以上に危険すぎるネタをやることもあり、苦情が殺到して放送が打ち切られる危険性があることも作中で度々ネタにされていた。[注 8]。 沿革 2005年のジャンプフェスタアニメツアーのオリジナルアニメ(以下参照)を経て、2006年4月4日より、『火曜いージャン!!前半枠』(テレビ東京、火曜19時00分 – 19時30分)でテレビシリーズがスタート。 2006年10月木曜18時00分から18時30分の枠に移動。 2008年5月、監督が藤田陽一に引き継がれ、高松信司は監修となった。 2010年3月25日をもって、本編放送(第1期)を終了(全201話)。2010年4月5日より『銀魂特選放送「よりぬき銀魂さん」』の第1期(テレビ東京系列、月曜18時00分 – 18時30分)を放送。よりぬき銀魂さんよりOPとEDのみ16:9ハイビジョン放送に対応。本編はシーズン其ノ四と同様に画面両サイドに「銀魂」ロゴマークが表示される。同時にアナログ放送が4:3からレターボックス付き16:9ワイド放送へ移行し、本編はデジタ銀魂 アニメ 5期 銀魂 アニメ 感想 銀魂 アニメ 1話 銀魂 あらすじ 銀魂 アニメ 仙台ル放送と同様に画面両サイドにロゴマークが表示されるようになった。 2010年4月24日よりアニメ映画『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』が公開。 2010年12月6日発売の週刊少年ジャンプ2011年1号にて、2011年4月から第2期の放送が開始されることが発表された(その後、2011年4月4日から「よりぬき銀魂さん」(第1期)と同じ時間帯での放送が発表された)。タイトルはロゴ上やAT-X[6]では「銀魂’」となっているが、製作委員会の組成が変わったという事情から便宜上、第1期と区別する必要を要し「’」をつけているだけであり、地上波での放送やその他の表記や読み方は今までと変わらず“ぎんたま”である。著作権表記に新たにアニプレックスが追加されている。本編では16:9のハイビジョン放送に完全移行した。 第2期は2012年3月26日の放送を以って終了(全51話)。これにより、『よりぬき銀魂さん』を含めて通算6年間の放送で一旦完全に放送が終了した。第2期の放送終了に関しては、第1期銀魂 アニメ 動画 銀魂 アニメ 6期 銀魂 アニメ 1期の作中で次年度の放送継続と終了を発表したのとは異なり、最終回当日までほとんど伏せられた形であった。 2013年に空知英秋による全編書き下ろしの新作エピソード劇場版『銀魂』第2弾の公開が決定。また、2012年10月4日より第2期延長戦の放送が決定し、放送時間も第1期が終了して以来2年半ぶりに木曜18時00分から18時30分の枠に放送された。「特選再放送“よりぬき銀魂さん”に加えて新作エピソードも放送予定である。」とアニメホームページで告知された[7](製作委員会の組成は第2期のままであるため、ロゴは変わらず「銀魂’」、地上波での放送やその他の表記や読み方も“ぎんたま”のまま変わらない[8][9])。 2013年3月28日をもって第2期延長戦の放送終了。公式によると「テレビの放送はもともと3月終了でその後の春に映画ロードショーという皮銀魂 ツイッター 銀魂 op 銀魂 アニメ 最新話 銀魂 アニメ 4期算用だった」という[10]。しかし、2013年4月よりBSジャパンで『よりぬき銀魂さん』が開始され、内容はテレビ東京が放送した特選放送ではなく、BSジャパンが未放送となっていた第2期を特選放送。9月末、227話の『SKET DANCE』とのコラボ回にて終了(次回予告はしていた)。そして2013年7月6日に公開された『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』をもってアニメ銀魂は一度完結とされた。 2015年4月8日より、水曜18時00分の枠で「銀魂゜」として第3期を放送。2015年4月を以って当作品の制作・権利が、サンライズから新たに分社化された子会社のバンダイナムコピクチャーズに移管された[11]。第2期延長戦までシリーズ構成を担当した大和屋暁が降板する、監修が高松信司から藤田陽一になる等、大幅なスタッフ変更が行われた。1年間の放送を経て2016年3月30日をもって放送終了となった[12]。 2017年1月9日より、CS放送やテレビ東京系列以外の一部の放送局を除けば初の深夜枠で「銀魂.銀魂 あらすじ 銀魂 実写 銀魂 2017 銀魂キャラクター 銀魂 漫画」として第4期を放送中。プラニングマネージャーの役職が廃止された代わりに企画が加わり、製作クレジットの表記が「銀魂製作委員会」に変更された。 キャスト [icon] この節の加筆が望まれています。 (2017年10月) 「銀魂の登場人物一覧」も参照 坂田銀時 – 杉田智和 志村新八 – 阪口大助 神楽 – 釘宮理恵 定春 – 高橋美佳子 志村妙 – ゆきのさつき お登勢 – くじら キャサリン – 杉本ゆう 長谷川泰三 – 立木文彦 近藤勲 – 千葉進歩 土方十四郎 – 中井和哉 沖田総悟 – 鈴村健一 山崎退 – 太田哲治 桂小太郎 – 石田彰 高杉晋助 – 子安武人 河上万斉 – 山崎たくみ 来島また子 – 早水リサ 武市変平太 – 茶風林 スタッフ 第1期 (第1話 – 第201話) 第2期・第2期延長戦 (第202話 – 第265話) 第3期 (第266話 – 第316話・ 愛染香編OVA・ おそ松さんコラボ) 第4期 (第317話 – ) 原作 空知英秋 (集英社『週刊少年ジャンプ』連載) 企画 – 廣部琢之(テレビ東京) 今井陽介(dentsu) 尾崎雅之(BN Pictures) 木下暢起(集英社) 岩上敦宏(アニプレックス) 監修 高松信司(第106話 – 第265話) 藤田陽一 シリーズ構成 大和屋暁 – キャラクターデザイン 総作画監督 竹内進二 デザインワークス 今石進 (第1話 – 第銀魂 アニメ 銀魂 映画 銀魂 新シリーズ105話) 乙幡忠志 (第106話 – 第201話) 乙幡忠志 中村ユミ 美術監督 野村裕樹 福島孝喜 間庭奈美 色彩設計 歌川律子 撮影監督 老平英 寺本友紀 CG監督 古川貴之 (第1話 – 第24話) 真田竹志 (第25話 – 第150話) 中島豊 (第151話 – 第201話) 中島豊 鈴木知美 編集 瀬山武司 瀬山武司 (第266話 – 第277話 ・愛染香編OVA) 佐々木紘美 (第278話 – 第316話) 佐々木紘美 (第317話 – 第328話) 白石あかね (第329話 – ) 音響監修 – 小林克良 音響監督 小林克良 高松信司 音楽 Audio Highs プロデューサー 小林教子(テレビ東京) (第1話 – 第13話) 東不可止(テレビ東京) (第14話 – 第201話) 東不可止(テレビ東京) (第202話 – 第214話) 和田慎之介(テレビ東京) (第215話 – 第265話) 松山進(テレビ東京) 松山進(テレビ東京) 樋口弘光(BN Pictures) 武藤大司(dentsu) (第1話 – 第112話) 笹田直樹(dentsu) (第113話 – 第201話) 横山真二郎(dentsu) (第202話 – 第252話) 嵯峨隼人(dentsu) (第253話 – 第265話) 斎藤朋之(dentsu) (第266話 – 第316話)*本多祐(dentsu) (愛染香編OVA) 若鍋竜太(SUNRISE) (第1話 – 第150話) 樋口弘光(SUNRISE) (第151話 – 第201話) 樋口弘光(SUNRISE) 三浦進(BN Pictures) (第266話 – 第316話) 樋口弘光(BN Pictures) (愛染香編OVA・ おそ松さんコラボ) プランニングマネジャー 岩田圭介(テレビ東京) (第1話 – 第24話) 廣部琢之(テレビ東京) (第25話 – 第138話) 原田孝(テレビ東京) (第139話 – 第164話) 井口晴之(テレビ東京) (第165話 – 第183話) 岡林曜子(テレビ東京) (第184話 – 第201話) 吉多奈央(テレビ東京) (第165話 – 第201話) 岡林曜子(テレビ東京) (第202話 – 第236話) 番泰之(テレビ東京) (第237話 – 第265話) 番泰之(テレビ東京) (第266話 – 第316話) 峯岸岳(テレビ東京) (愛染香編OVA) 樋口弘光(BN Pictures) (第266話 – 第316話) – 監督 高松信司 (第1話 – 第105話) 藤田陽一 (第100話 – 第202話) 藤田陽一 宮脇千鶴 録音演出 高松信司 (第53話 – 第265話) – 音響効果 武藤晶子(サウンドボックス) 音楽制作 アニプレックス、ミラクル・ロボ アニプレックス、ミラクル・バス 音楽プロデューサー 鎌形英一(アニプレックス) (第1話 – 第13話) – アシスタントプロデューサー 樋口弘光(SUNRISE) (第100話 – 第150話) 制作デスク 樋口弘光(SUNRISE) (第1話 – 第99話) 三浦進(SUNRISE) (第100話 – 第201話) 上田浩平(SUNRISE) 前川貴史(BN Pictures) 設定制作 青木弘幸(SUNRISE) (第1話 – 第99話) 前川貴史(SUNRISE) (第100話 – 第201話) 栗原進悟(SUNRISE) (第202話 – 第252話) 上田浩平(SUNRISE) (第253話 – 第265話) 進藤陽平(BN Pictures) 進藤陽平(BN Pictures) (第317話 – 第328話) 由佐玲菜(BN Pictures) (第317話 – ) 題字 若鍋竜太(SUNRISE→BN Pictures) アニメーション制作 サンライズ バンダイナムコピクチャーズ 製作 テレビ東京 電通 サンライズ テレビ東京 dentsu BN Pictures 銀魂製作委員会[13] 主題歌 主題歌の多くはソニー・ミュージックエンタテインメント系列出身のアーティストが担当している。 シリアスな長編の場合などはその長編の最終話のEDで、そのクールのOPもしくはEDを長くした物、もしくは特殊エンディングが流れる(金魂篇ではそれまで『金魂』バージョンに差し替えられていたために流れなかった『銀魂』バージョンのOPが流れた)。 「桃源郷エイリアン」までは、2クール通期で(半年ごとに)曲が変わっていたが、「ジレンマ」からは、エンディングと同様に1クール通期で(3か月ごとに)曲が変わるようになった。 オープニング 歴代オープニング[表示] エンディング 歴代エンディング[表示] 挿入歌 オリジナル 「万事屋ブルース」(59話・60話・75話・123話・318話):作詞 – 大和屋暁 / 作曲・編曲・歌 – 灰津尾出男 「かぶき町哀歌」(46話):作詞 – 空知英秋 / 作曲・編曲・歌 – 灰津尾出男 「カトケン・サ・ン・バ!」(2話):作詞 – 大和屋暁 / 作曲・編曲 – Audio Highs / 歌 – カトケン(田中一成) 「どんだけー! ギンタマン」(100話):作曲・編曲 – Audio Highs / 歌:Ko-saku 「笑ってよきかな? のテーマ」(157 – 160話・163話):歌 – 多毛さん(坂口候一)とよきかな中年隊(マコ(箭内仁)・マンション(近藤浩徳)・ケン(喜山茂雄)) 「ダンボールの神様」(203話・209話(209話はフルで歌った)・241話):作詞 – 大和屋暁 / 作曲・編曲 – Audio Highs / 歌 – MADAO(立木文彦) 「ゆけ!カイエーン」(235話・236話):作詞 – 大和屋暁 / 作曲・編曲 – Audio Highs / 歌 – singman 「仲間〜アコースティックバージョン〜」(252話):作詞・作曲・歌 – Good Coming / 編曲 – Good Coming、DJ ARTS a.k.a ALL Back 「流れ作業でテイクオフ」(297話):作詞 – 藤田陽一 / 作曲・編曲 – Audio Highs / 歌 – かぶき町合唱団 寺門通の歌 作詞 – 大和屋暁(アイドルの勲章以外)、不明(アイドルの勲章) / 作曲・編曲 – Audio Highs / 歌 – 寺門通(高橋美佳子) 「お前の母ちゃん××(何人)だ!」(30話・75話・126話・157話・161話) 「お前の父ちゃん××(チョメチョメ)」(6話・30話・159話) 「お前の兄ちゃんひきこもり」(30話・92話・158話・160話) 「チョメ公なんざクソくらえ」(55話・56話・75話・124話・157 – 162話) 「放送コードがなんぼのもんじゃい」(124話・160話・161話・176話・230話) 「お前の×(ピー)ちゃん飲んだくれ」(124話) 「ダイナマイト再開〜昼下がりの専業主婦〜」(124話・寺門通OFC編、鬼子母神春菜(須藤絵里花)とのデュエット) 「お前のバーちゃんお前のバッシュー履いてた」(157 – 159話・163話) 「まんたま」(256話・寺門通with放課後ハッピーアワーになっている) 「アイドルの勲章」(339話) その他 本作では時折他作品の版権曲が使用されることがあるが、後の×印はDVD収録時に著作権の関係でBGMに切り替わっている。 「CAT’S EYE」(1983年)(84話・214話):作詞 – 三浦徳子 / 作曲 – 小田裕一郎 / 編曲 – 大谷和夫 / 歌 – 杏里 × 「戦え! 仮面ライダーV3」(1973年)(112話):作詞 – 石森章太郎 / 作曲・編曲 – 菊池俊輔 × ※歌の部分は無し 「太陽のKomachi Angel」(1990年)(115話):作詞 – 稲葉浩志 / 作曲・編曲 – 松本孝弘 / 編曲 – 明石昌夫 / 歌 – 志村妙(雪野五月)、桂小太郎 (石田彰) 「千の風になって」(2003年)(133話・134話ED1):日本語作詞・作曲 – 新井満 / 歌 – 坂田銀時(杉田智和) 「Get Wild」(1987年)(138話):作詞 – 小室みつ子 / 作曲・編曲 – 小室哲哉 / 歌 – TM NETWORK × 「君をのせて」(1986年)(161話・218話・286話):作詞 – 宮崎駿 / 作曲・編曲 – 久石譲 / 歌 – 井上杏美 × ※DVD版は別のアーティストによるカバー 「Monkey Magic」(1979年)(161話・191話):作詞 – 奈良橋陽子 / 作曲 – タケカワユキヒデ / 歌 – ゴダイゴ × ※DVD版は別のアーティストによるカバー 「ガンダーラ」(1978年)(161話):作詞 – 山上路夫 / 作曲 – タケカワユキヒデ / 歌 – ゴダイゴ × ※DVD版は別のアーティストによるカバー 「ポリリズム」(2007年)(183話・184話):作詞・作曲・編曲 – 中田ヤスタカ – 歌 – Perfume × 「神田川」(1973年)(220話):作詞 – 喜多条忠 / 作曲 – 南こうせつ / 編曲 – 木田高介 / 歌 – 神楽(釘宮理恵)、南こうせつとかぐや姫 「BAD COMMUNICATION」(1989年)(221話・222話):作詞 – 稲葉浩志 / 作曲・編曲 – 松本孝弘 / 編曲 – 明石昌夫 / 歌 – B’z(第221話ではアイザック・シュナイダー(樋口智透)、バルムンク・フェザリオン(川原慶久)) × 「カッコ悪い I love you!」(2011年)(227話):作詞 – 秋元康 / 作曲 – 黒須克彦 / 編曲 – 五十嵐“IGAO”淳一 / 歌 – フレンチ・キス × 「翔べ! ガンダム」(1979年)(234話):作詞 – 井荻麟 / 作曲 – 渡辺岳夫 / 編曲 – 松山祐士 / 歌 – 池田鴻 「アニメじゃない〜夢を忘れた古い地球人よ〜」(1986年)(249話):作詞 – 秋元康 / 作曲 – 芹澤廣明 / 編曲 – 鷺巣詩郎 / 歌 – 新井正人 × 「ultra soul」(2001年)(254話)(274話):作詞・編曲 – 稲葉浩志 / 作曲・編曲 – 松本孝弘 / 編曲 – 徳永暁人 / 歌 – 志村妙(雪野五月)、坂田金時(中村悠一) 「Can Do」(2012年)(271話・272話):作詞 – 谷山紀章 / 作曲・編曲 – 飯塚昌明 / 歌 – GRANRODEO × 「ドラえもんのうた」(1979年)(272話):作詞 – 楠部工 / 補作詞 – ばばすすむ / 作曲 – 菊池俊輔 / 歌 – 坂田銀時(杉田智和) 「ペガサス幻想」(1986年)(282話):作詞 – 竜真知子 / 作曲 – 松澤浩明、山田信夫 / 編曲・歌 – MAKE-UP × 「永遠ブルー」(1986年)(282話):作詞 – 竜真知子 / 作曲 – 松澤浩明、山田信夫、河野陽吾 / 編曲・歌 – MAKE-UP × 「男の勲章」(1982年)(337話):作詞・作曲・編曲 – Johnny / 歌 – 嶋大輔 各話リスト 「よりぬき銀魂さん#各話リスト」も参照 銀魂(第1期) シーズン其ノ壱[表示] 銀魂(第1期) シーズン其ノ弐[表示] 銀魂(第1期) シーズン其ノ参[表示] 銀魂(第1期) シーズン其ノ四[表示] 銀魂’(第2期)[表示] 銀魂゜(第3期)[表示] 銀魂.(第4期)[表示] ジャンプアニメツアー / OAD[表示] 放送局 [icon] この節の加筆が望まれています。 「よりぬき銀魂さん#放送局」も参照 地上波テレビ東京系列6局では同時ネット[注 47]尚且つ、第3期『銀魂゜』まで字幕放送を実施[注 48][注 49]。その他の実施局、特記事項は表中の備考欄・注釈欄を参照。 日本国内 テレビ / 銀魂(第1期) 放送期間および放送時間 放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [15] 備考 2006年4月4日 – 9月19日 2006年10月5日 – 2010年3月25日 火曜 19:00 – 19:30 木曜 18:00 – 18:30 テレビ東京 関東広域圏 製作局 テレビ北海道 北海道 テレビ愛知 愛知県 テレビ大阪 大阪府 テレビせとうち 岡山県・香川県 2006年4月8日 – 9月23日[注 50] 2006年10月5日 – 2010年3月25日 土曜 7:00 – 7:30 木曜 18:00 – 18:30 TVQ九州放送 福岡県 – 2010年4月24日 土曜 9:30 – 10:00 青森テレビ 青森県 2006年4月 – 2008年4月8日 火曜 16:54 – 17:24 岩手めんこいテレビ 岩手県 第99話で打ち切り 不明 不明 – 2008年4月27日 2008年5月4日 – 2010年7月11日 日曜 5:45 – 6:15 土曜 6:00 – 6:30 日曜 5:45 – 6:15 テレビユー山形 山形県 不明 – 2009年12月13日 2010年1月9日 – 6月27日 日曜 6:00 – 6:30 土曜 5:20 – 5:50 新潟テレビ21 新潟県 2006年6月4日 – 2008年3月30日 2008年4月5日 – 2008年5月31日 2008年6月7日 – 2010年7月3日 日曜 6:15 – 6:45 土曜 5:15 – 5:45 土曜 4:45 – 5:15 [16] 信越放送 長野県 – 2010年10月4日 月曜 17:30 – 18:00 岐阜放送 岐阜県 2006年4月15日 – 月曜 19:30 – 20:00 びわ湖放送 滋賀県 – 2012年4月8日 日曜 10:00 – 10:29 奈良テレビ 奈良県 2010年10月25日 – 2012年5月21日 月曜 19:27 – 19:57 テレビ和歌山 和歌山県 第126話から放送 – 2008年4月22日 火曜 16:24 – 16:53 日本海テレビ 鳥取県・島根県 第99話で打ち切り – 2008年4月12日 土曜 7:00 – 7:30 愛媛朝日テレビ 愛媛県 同上 – 日曜 7:30 – 8:00 くまもと県民テレビ 熊本県 第149話で打ち切り 2006年4月16日 – 2009年4月12日 日曜 6:15 – 6:45 福島テレビ 福島県 同上 2006年4月23日 – 2009年4月19日 日曜 6:00 – 6:30 広島ホームテレビ 広島県 第150話で打ち切り 2006年4月23日 – 2007年4月1日 2007年4月7日 – 2009年4月25日 日曜 9:30 – 10:00 土曜 17:00 – 17:30 仙台放送 宮城県 同上 2006年4月10日 – 9月25日 2006年10月11日 – 2010年3月31日 月曜 17:30 – 18:00 水曜 18:30 – 19:00 BSジャパン 日本全域 BS放送 / 字幕放送[注 51] 2006年7月1日 – – 2010年5月1日 土曜 9:00 – 9:30 土曜 8:00 – 8:30 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり – 2012年1月25日 土曜 9:00 – 9:30 土曜 8:00 – 8:30 キッズステーション 日本全域 CS放送 / リピート放送あり 2013年6月27日 – 11月14日 2013年11月18日 – 2014年1月30日 2014年2月3日 – 12月23日 2015年1月5日 – 2016年4月11日 木曜 17:30 – 18:00 月曜 – 木曜 19:00 – 19:30 月曜 – 火曜 19:00 – 19:30 月曜 19:00 – 19:30 チバテレ 千葉県 千葉県内では実質再放送 2013年10月16日 – 水曜 23:30 – 木曜 0:00 とちぎテレビ 栃木県 栃木県内では実質再放送 日本国内 テレビ / 銀魂’(第2期・延長戦[注 52]) 放送期間および放送時間 放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [15] 備考 2011年4月4日 – 2012年3月26日 2012年10月4日 – 2013年3月28日 月曜 18:00 – 18:30 木曜 18:00 – 18:30 テレビ東京 関東広域圏 製作局 テレビ北海道 北海道 テレビ愛知 愛知県 テレビ大阪 大阪府 テレビせとうち 岡山県・香川県 TVQ九州放送 福岡県 2011年4月19日 – 2012年4月3日 2013年1月17日 – 4月11日 火曜 8:30 – 9:00 木曜 20:30 – 21:00 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり 2011年4月30日 – 2012年4月14日 2013年4月7日 – 7月7日 土曜 2:00 – 2:30(金曜深夜) 日曜 2:25 – 2:55(土曜深夜) びわ湖放送 滋賀県 2012年4月15日 – 2013年3月31日 2013年4月7日 – 6月30日 日曜 10:00 – 10:29 日曜 10:00 – 10:30 奈良テレビ 奈良県 2012年5月28日 – 2013年6月17日 2013年6月24日 – 9月16日 月曜 19:30 – 20:00 月曜 19:30 – 20:00 テレビ和歌山 和歌山県 2012年6月2日 – 11月24日 2013年6月1日 – 8月24日 土曜 19:00 – 20:00 キッズステーション 日本全域 CS放送 / 字幕放送 / リピート放送あり 2013年4月5日 – 9月27日 金曜 1:58 – 2:28(木曜深夜) BSジャパン 日本全域 BS放送[注 53] 2016年4月18日 – 8月29日 2016年9月5日 – 9月26日 2016年10月8日 – 2017年7月29日 月曜 19:00 – 19:30 月曜 23:30 – 火曜 0:00 土曜 0:00 – 0:30(金曜深夜) チバテレ 千葉県 日本国内 テレビ / 銀魂゜(第3期) 放送期間および放送時間 放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [15] 備考 2015年4月8日 – 2016年3月30日 水曜 18:00 – 18:30 テレビ東京 関東広域圏 製作局 テレビ北海道 北海道 テレビ愛知 愛知県 テレビ大阪 大阪府 テレビせとうち 岡山県・香川県 TVQ九州放送 福岡県 2015年4月11日 – 2016年4月2日 土曜 22:00 – 22:30 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり 2015年4月18日 – 12月26日 2016年1月7日 – 4月21日 土曜 10:30 – 11:00 木曜 1:00 – 1:30(水曜深夜) 奈良テレビ 奈良県 2015年4月20日 – 2016年5月23日 月曜 2:30 – 3:00(日曜深夜) びわ湖放送 滋賀県 2015年9月12日 2015年9月27日 – 2016年4月17日 日曜 20:00 – 21:00 キッズステーション 日本全域 CS放送 / 字幕放送 2話連続放送 / リピート放送あり 2015年10月16日 – 2016年6月3日 金曜 1:55 – 2:55(木曜深夜) 岩手めんこいテレビ 岩手県 [注 54][注 55] 2016年3月17日 – 2017年3月2日 木曜 2:15 – 2:45(水曜深夜) テレビ和歌山 和歌山県 2016年7月16日 – 2017年7月8日 土曜 2:00 – 2:30(金曜深夜) ミヤギテレビ 宮城県 [注 56] 地上波テレビ東京系列6局では放送連動データ放送も実施。 日本国内 テレビ / 銀魂.(第4期・烙陽決戦篇、ポロリ篇、銀ノ魂篇) 放送期間および放送時間[17] 放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [15] 備考 2017年1月9日 – 3月27日 2017年10月2日 – 2018年3月26日 2018年7月9日 – 月曜 1:35 – 2:05(日曜深夜) テレビ東京 関東広域圏 製作委員会参加 テレビ北海道 北海道 テレビ愛知 愛知県 テレビせとうち 岡山県・香川県 TVQ九州放送 福岡県 2017年1月10日 – 3月28日 2017年10月3日 – 2018年3月27日 2018年7月10日 – 火曜 1:05 – 1:35(月曜深夜) テレビ大阪 大阪府 2017年1月13日 – 3月31日 2017年10月3日 – 2018年3月27日 2018年7月10日 – 金曜 21:30 – 22:00 火曜 21:30 – 22:00   AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり[18][19] 2017年1月30日 – 5月1日 2017年11月20日 – 月曜 2:00 – 2:30(日曜深夜) びわ湖放送 滋賀県 [20] 2017年3月4日 – 5月27日 2018年1月12日 – 土曜 19:00 – 19:30 金曜 19:00 – 19:30 キッズステーション 日本全域 CS放送 / リピート放送あり[21][注 57] 2017年4月1日 – 6月17日 2017年10月28日 – 土曜 1:35 – 2:05(金曜深夜) 奈良テレビ 奈良県 [22] 2017年4月7日 – 6月23日 2017年10月20日 – 金曜 2:00 – 2:30(木曜深夜) 金曜 1:30 – 2:00(木曜深夜) 岩手めんこいテレビ 岩手県 [22] 2017年7月29日 – 10月14日 2017年10月21日 – 土曜 2:30 – 3:00(金曜深夜) 土曜 2:29 – 2:59(金曜深夜) ミヤギテレビ 宮城県 [22] 2017年11月22日 – 木曜 3:00 – 3:30(水曜深夜) テレビ和歌山 和歌山県 [22] 日本国内 インターネット / 銀魂.(第4期) 放送期間および放送時間[23] 配信期間 配信時間 配信サイト 2017年1月10日 – 3月28日 2017年10月3日- 火曜 12:00 更新 あにてれ バンダイチャンネル ニコニコチャンネル いずれも有料配信 2017年4月1日 – 12:00 配信開始 dTV(第3期の「銀魂° 」の全話を配信中) Hulu(第3期の「銀魂° 」第290話まで配信[24]) J:COM ひかりTV 会員限定

映画.com

 

 

銀魂 動画 無料

アニメが趣味の方にとってみれば、無料アニメ銀魂@動画無料視聴|全話フル配信は画期的と言えるコンテンツなのです。スマホ1台あれば、いつでもどこでも視聴することができます。
「話の内容を知ってからでないと購入に踏み切れない」という考えを持つ人からすると、無料銀魂@動画無料視聴|全話フル配信と申しますのは短所のないサービスなのです。販売者側からしましても、新しい利用者獲得に結び付くわけです。
「車内で銀魂@動画無料視聴|全話フル配信DVDを開くのは恥ずかし過ぎる」という様な方でも、スマホにそのまま銀魂@動画無料視聴|全話フル配信をダウンロードすれば、人目を気にすることがなくなります。このような所が銀魂@動画無料視聴|全話フル配信サイトの良いところです。
不用なものは処分するというスタンスがたくさんの人に受け入れてもらえるようになった今日この頃、DVDも例外でなく紙という媒体で持つことなく、銀魂@動画無料視聴|全話フル配信サイトを使用して愛読する人が急増しています。
しっかりと比較した後に銀魂@動画無料視聴|全話フル配信サイトを選んでいる人が多いと聞いています。銀魂@動画無料視聴|全話フル配信をネットで堪能してみたいのなら、色んなサイトの中より自分にあったサイトを選び出す必要があります。「どこからDVDを買うことにするか?」というのは、とても重要な要素だと考えています。料金とかサービスなども色々違うので、銀魂@動画無料視聴|全話フル配信配信サービスというのは比較して決定しないといけないと思います。
「人目につく場所にストックしておきたくない」、「読んでいるということをバレたくない」という銀魂@動画無料視聴|全話フル配信だったとしても、銀魂@動画無料視聴|全話フル配信サイトを上手く使えば一緒に暮らしている人に内密にしたまま視聴放題です。
「サービスの比較はせずに決定した」とおっしゃる方からしたら、無料銀魂@動画無料視聴|全話フル配信配信サービスはどこも内容が同じという認識をお持ちなのかもしれませんが、サービスの詳細に関しては運営会社毎に異なりますので、しっかりと比較することは非常に大事だと断言します。
マンガは銀魂@動画無料視聴|全話フル配信配信サービスで買うという人が増えています。携帯することも要されませんし、DVDを片付ける場所も必要ないというのが理由です。更に言えば、無料銀魂@動画無料視聴|全話フル配信を活用すれば、試し視聴も楽勝でできます。
銀魂@動画無料視聴|全話フル配信配信サービスも一般的なブルーレイと同じで情報が商品となりますので、つまらないと感じても返品は受け付けられません。従いまして面白そうかをチェックするためにも、無料銀魂@動画無料視聴|全話フル配信に目を通すようにした方が良いと思います。スマホで視聴することができる電子銀魂@動画無料視聴|全話フル配信は、外出時の持ち物を少なくするのに役立つと言っていいでしょう。カバンなどの中に何冊ものDVDを詰め込んで持ち歩くようなことをしなくても、気軽に銀魂@動画無料視聴|全話フル配信を堪能することができるというわけです。
無料銀魂@動画無料視聴|全話フル配信配信サービスを適宜活用すれば、いちいちお店まで出掛けて行って内容をチェックする必要がなくなります。そんなことをせずとも、銀魂@動画無料視聴|全話フル配信配信サービスの「試し視聴」で中身の下調べが可能だからというのが理由です。
幼少期に視聴ふけった懐かしさを感じる銀魂@動画無料視聴|全話フル配信も、電子銀魂@動画無料視聴|全話フル配信として販売されています。書店では購入できない作品も揃っているのが特色だと言えるのです。
スマホを持っているなら、いつでも銀魂@動画無料視聴|全話フル配信を視聴まくることが可能なのが、銀魂@動画無料視聴|全話フル配信サイトの便利なところです。1冊単位で購入するスタイルのサイトや1カ月単位の料金制のサイトがあります。
無料アニメ銀魂@動画無料視聴|全話フル配信については、スマホでも楽しめます。今の時代は年齢層の高いアニメオタクも増える傾向にありますので、この先尚のこと規模が拡大されていくサービスだと考えられます。 視聴たい銀魂@動画無料視聴|全話フル配信はいっぱい発売されているけど、買い求めたとしてもDVD棚に空きがないという悩みを抱える人もいます。そういう背景があるので、片づける場所を考えなくて良い銀魂@動画無料視聴|全話フル配信サイトの口コミ人気が高まってきているわけです。
スマホの利用者なら、スグに銀魂@動画無料視聴|全話フル配信を思う存分楽しむことができるのが、銀魂@動画無料視聴|全話フル配信サイトのメリットです。1冊1冊で買うスタイルのサイトや1カ月毎の固定料金制のサイトなどいろいろ存在します。
限られた時間を大切にしたいのであれば、空き時間を賢く活用すべきでしょう。アニメ銀魂@動画無料視聴|全話フル配信の視聴くらいは移動の真っ最中でも可能なことですから、この様な時間を賢く使うべきでしょう。
いつでも無料銀魂@動画無料視聴|全話フル配信が読めるという理由で、利用者が増加するのは至極当然のことです。店頭とは違い、人の目を気にすることなく立ち視聴することが可能なのは、銀魂@動画無料視聴|全話フル配信配信サービスの良い所だと言えるのではないでしょうか?
DVDを買う代金は、1冊1冊の単価で見れば高くはないかもしれませんが、沢山買えば月単位の合計金額は嵩んでしまいます。視聴放題を利用すれば月額料金が固定なので、支出を抑えられます。一般的な書店では、スペースの問題から置くことができるDVDの数に限度がありますが、電子銀魂@動画無料視聴|全話フル配信についてはこういった問題が起こらないので、今はあまり取り扱われないタイトルも取り扱えるというわけです。
昨今はスマホを利用して堪能することができる趣味も、グングン多様化していると言えます。無料アニメ銀魂@動画無料視聴|全話フル配信は勿論の事、無料銀魂@動画無料視聴|全話フル配信配信サービスや簡単に楽しめるスマホゲームなど、いろんなサービスの中からセレクトすることが可能です。
「銀魂@動画無料視聴|全話フル配信配信サービスはどうも苦手だ」と言う方も間違いなくいますが、1回でもスマホを用いて銀魂@動画無料視聴|全話フル配信配信サービスを視聴してみたら、その使い勝手の良さや支払いの簡単さからリピーターになる人が多く見られます。
銀魂@動画無料視聴|全話フル配信を楽しみたいなら、銀魂@動画無料視聴|全話フル配信サイトが便利だと言えます。決済方法も楽ですし、新しくリリースされる銀魂@動画無料視聴|全話フル配信を手に入れたいとのことで、手間暇かけてDVD屋に行って事前予約を入れるなんてことも不要になります。
子供の頃に繰り返し楽しんだ往年の銀魂@動画無料視聴|全話フル配信も、電子銀魂@動画無料視聴|全話フル配信として見ることができます。地元のDVD屋では購入できない作品も様々にあるのが凄いところとなっています。銀魂@動画無料視聴|全話フル配信が大好きなのを内緒にしておきたいと言う人が、今の時代増加傾向にあります。マイホームに銀魂@動画無料視聴|全話フル配信の隠し場所がないといった事情があっても、銀魂@動画無料視聴|全話フル配信サイトの中だけであれば他の人に内緒で視聴することができます。
無料銀魂@動画無料視聴|全話フル配信配信サービスを利用すれば、やることがなくなって時間が余って仕方ないなどということがゼロになるはずです。お昼休憩や通勤途中などでも、それなりにエンジョイできます。
銀魂@動画無料視聴|全話フル配信が趣味な人にとって、コレクションしておくための単行DVDは値打ちがあると考えますが、手軽に楽しみたいという人の場合は、スマホ経由で読める電子銀魂@動画無料視聴|全話フル配信の方が便利です。
連載中の銀魂@動画無料視聴|全話フル配信などは何冊も購入する必要があるため、先ず初めに無料銀魂@動画無料視聴|全話フル配信で少しだけ読んでみるという人が増えています。やはりあらすじを知らずに装丁買いするというのはなかなか難易度が高いのです。
スマホで見ることが可能な電子銀魂@動画無料視聴|全話フル配信は、出掛ける際の荷物を軽くするのに一役買ってくれます。リュックやカバンの中などに見たいDVDを何冊も入れて持ち歩くようなことをしなくても、手間なく銀魂@動画無料視聴|全話フル配信を見ることができます。

アニメ「銀魂」の動画を無料で全話視聴する方法!銀魂を見ることができる動画配信サービスVODをご紹介しています!再放送を待つことなく1話から最終回まで高画質で無料視聴できます!声の出演:杉田智和、阪口大助、釘宮理恵、磯部勉、山寺宏一

 


特定商取引法に基づく表示プライバシーポリシー